タグ:猫 ( 122 ) タグの人気記事

教えて、ブッダ!(笑)

風邪っぴきの際、おとなしくお薬を飲んでくれた
ご褒美の鰹節グセがまだ抜けず、毎晩こうして
私の目の前で、ちょうだいテレパシーを送る
ポーちんでございます(涙。)
f0024419_1424873.jpg
ちろる嬢@ああ、寒い日のひなたぼっこは
たまらんわ、ほんまに。

もはや生活に欠かせなくなってしまった
「ちりとてちん」 は、草若師匠が亡くなり
いよいよ終盤 ・・ 師匠~っっ!
毎日おでんのように温かくじんわり心に染みてくる
セリフに、自分の歪んだ軸を優しくそっと
元に戻してもらってるような、そんなありがたさを
感じてます。

「自分にないものをやろうとしたらあかん」
劇中で何度となく師匠が弟子に対して
口にしていたこの言葉が個人的にものすごく
印象的で。 「自分の身の丈を知る」 ってこと
にも通じるのかな。 ちんまり小さくまとまって
しまいなさい、てことではなくて、それは原点で
忘れたらあかんで、みたいな。

こないだ朝日新聞で読んだ比叡山の
ものすげーお坊さん (うは! サイト ある~(笑))
のことや、リンカランに連載中のお坊さんの
お悩み相談に思わず唸りをあげるという
最近妙に仏さんに懐かれてるような (こらこら)
さっきの話もそうやけど、昔から言われる
ちょこっと古めかしいけども素敵な言葉に
猫背の私も背筋が伸びるのでした。

それはさておき、東芝HD DVD撤退ニュースに
うちのもHD DVDやねんけど、わーーん!
今まで購入したり、編集保存した私のDVD
コレクションは どーなるんだろか。。。
ビヨルンが、四草が、ベタニーが~~。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-02-18 14:20 | 雑記

ロック・オン!

あまりに冷えるので、エアコンの暖房を
つけたら、風が出てくる所の羽根が
パタパタ動くのを見て、どんぐり大騒ぎ。
冷房モードの時はそんなことないのになぁ。
真下にあるテレビの上に乗って、足踏みして
今にもジャンプしそうな勢いで。 飛んでどうする!

不可解な反応と言えば、PC部屋の壁に
ずっと前にタワレコで貰った ROOSTER の
ポスターが貼ってあるのですけど(笑っていいとも)
どんぐりはそれにも飛びつくべく、よく
お尻振って距離測ってたり。
メンバーが猫じゃらし持ってポーズしてるとか
違うんですのに(笑) 何を狙っておるのか
壁に突進なんてしたら怪我するよ。
f0024419_18482049.jpg
左:犬猿のどんぐり vs ちろる嬢、一触即発。
右:ちろる嬢@いつもストーブを背に、冬毛で
膨れてはります。

ポーちんの風邪っぴきは、やっと終息?の
模様! 昨日まで目から青鼻(ギャー)のような
目やにが出てたので、前に貰った点鼻薬
(点眼OKのもの。 捨てなくて良かった~)
をさしてたら ほぼ治ったし、今日は
ちょこっと鼻息がシューシュー鳴ってる
以外は顔色(え?)良さそうです♪

The Checks - "what you heard" のPV
どわ~、ボーカルかっこいい!とアタマに血が
上ったけど、写真で見ると何かが違った ・・・ (沈)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-29 19:14 |

ハグ。

ポーちんに鰹節のご褒美癖がついてしまい
塩分控えめそうな少し良いものを
買って来てやったら、狂喜なさって。
ひがむといけないので その他2匹さまにも
与えてますが、ちろる嬢は全く興味を
示さず。 鰹節よりブロッコリの方がスキ♪
な猫って初めて見たよ(笑)

どんぐりは うちで唯一抱っこ好きなん
ですけども、私はベタベタ甘えられるのが
非常に苦手で、奴の粘着体質には
猫といえども閉口することが多々。。。
f0024419_1620268.jpg
でも、悲しい時や不安な時に
どんぐりをぎゅぅっと抱きしめると
(自分勝手すぎ!) 妙に落ち着いて
ぐんぐん癒されてゆくこの快感。
どんぐりも嬉しそうにゴロゴロ言うから
需要と供給?がうまいこと取れてるもん
だなぁ~なんて最近ありがたく思うように
なりましてよ。

以前ニュース番組で、癒しになればという
想いで 「ハグしてください」 だか
なんだかの看板を持って街頭に立つ女の人
を取材していて、道行く知らない人と
ハグして相手の女の子がポロポロ泣いてた
のをふと思い出しました。

日本にはハグの習慣なんて無いから
なんだか照れくさい感じがするけど
習慣としてあれば、自分以外の人間に無関心
だと言われる日本の今の時代も、日常的に
他の人の体温を感じることで、もうちょっと
人のことを思いやれる余裕や優しさが持てる
んじゃなかろうか、と思ったり。

ハグ活動の拠点は確か東京だったと思うの
だけど、今もまだ続けてはるんかなぁ。
すごくステキだなぁと思う。
でもこうやって奮起するのも、ハグしてって
声かけるのもかなり勇気いるかも(^^;)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-24 16:27 |

妄想と対策。

今年もサマソニ開催が決定しましたね!
しかし、NYでも今年は同じ日にフェス開催
だそうで、ステキなバンドはみんなあっちに
さらわれてしまうのでは??大阪会場は
今年も猛暑地獄の舞州だし、2日参戦は
厳しいなぁ。

時期を外してしまいましたけども
年賀状メーカー
「ちこ」 から 「みなさま」 を入力すると
f0024419_13261030.jpg
スタイル抜群、なんて死ぬまでに言われて
みたいもんですけど、妄想で終わるであろう
現実がせつな~(笑) 平仮名 「びよるん」 にしたら
f0024419_13273159.jpg
「ドSのちこ」 て。 違うと思うんやけど
なぁ ・・ 多分(え?) いやいやホントに。

毎日ポーちんネタで恐縮ですので、以下
適当にスルーしてくださいませね。
鼻水が僅かに固まってきたと思えば
その代わりと言っちゃなんですが、とばかりに
クシャミと咳が出てきなさる。

こんなに長引くと、私の世話の仕方が悪い
から回復しないんじゃないだろか・・と
後ろ向きに考えたり、いいや そんなこと
あってたまるか!と思いつつも、すっかり
自信がないもんだから、寝室の猫用寝床を
増やしてみたり。

猫専用こたつ2つに、ちぐらwithヒーター3つ
て、3匹しかおらんのにね(笑)
こたつは長く使ってるといまいち温かさが
弱くなってくるし、鈍くさいポーちんは
強引などんぐり+ちゃっかりちろる嬢に
快適な寝床を占領されて、ビンボくじ引いて
あんまり温くないとこで寝てるんじゃ?
とか思ったら5つになっておりました(汗。)
これだけあれば、椅子取りゲームで泣く子は
出まいて。 私が電気代に泣くだけで(゜∀゜;)
過保護でもなんでも、治ってくれさえするん
なら何でもするからよーー(ヤケクソ)。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-22 13:39 | 雑記

神秘の世界に連れてって。

これすごく欲しい~。
あたたかな光に癒される 「ひょうたんランプ」
f0024419_1427462.jpg
どれもあまりにステキで一つに絞れず
見惚れるばかり。 かわいいなぁ。
ああ、この灯りに包まれて眠りたい。
でも、ひょうたんの先端を猫に かじられ
そうで寝てられんかも?(笑)

世界には似た人が3人存在するって
言うけど、外国でもそんな風に言うのかなぁ。
と、この二人を見て思ったのでした。
こうして見ると激似ではないけど、泣きが
入った表情が似てて。
f0024419_14535831.jpg
左:松尾敏伸  右:テレンス・コリガン
英国海軍のお話 「ホーンブロワー」 シリーズの
先日見たエピの中に、ウェラードくんという
士官候補生が出てきて、どっかで似た人を
見たことあるな~ ・・・・ と記憶をたぐって
おりましたら 「真珠夫人」 の種彦さんだ!
( 「タネヒコ」 て名前、インパクトありすぎ )
思い出すのに3日かかったけどスッキリ♪
f0024419_14384998.jpg
おこたから出てきたポーちん。
可哀相やけど、鼻水がハの字にヒゲってて
ウケた。 ごめんよ~。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-21 14:46 | 雑記

乗せるべからず。

今朝、四草が夢に♪(嬉)
「旅に出るから、ちょっと平兵衛さん
預かってくれ」 ( 「ちりとてちん」
に出てくる四草が飼ってる九官鳥ね )
と言われ、うちには猫いるのに無理~と
困ってるんだけど、四草の流し目に
イイエと言えず、非常にもどかしい
思いをしたのでございました。(アホっ)

先日、葛藤に揺れつつも頑張るポーちんに
ご褒美あげようなー、と大好きな鰹節を
猫缶にトッピングしてやったら ・・
全くお食いにならず 「なんでこんなこと
するんな!」 とでも言いたげに
一瞥されましてよ (涙。)
小細工しないで 鰹節だけやったら
狂喜して食べておりましたが。
目新しいドライフードも好きなので
老猫用の試供品を出してやるとガツガツ。

ああ、乗せたらあかんのねと。

私も牛丼やらカツ丼の、お肉がご飯の上に
乗せてあるのがどうも苦手で、別に
お肉単体は好きやし、他の丼物は大丈夫
なんですけど、お肉だけは乗せるべからず
な奴だったりするので、気持ちは
わかる気がしたりして(笑)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-20 14:29 |

おおお、連動中。

寒い中ポーちんを連れ出すのは嫌だったので
獣医さんに電話して、鼻水に効く錠剤だけ
処方してもらってきました。
その名は“クラリス”-「羊たちの沈黙」を
思い出したりして(笑)
これはまだうちの猫たちには使ったことがない
お薬なもんで副作用がちょこっと心配では
ありますが、なんとか こじらさんうちに回復
してもらわんと。 回復しにくいのは、虚弱な
のもあるだろうけど 年のせいもあるんかなぁ。。
どんぐりとちろる嬢は放置してても治るもんな。

先日 とある病気から脳を病んでしまった叔父が
入院して もう危ないらしい、と母から聞き
怒涛のマイナス・スパイラルの中に放り込まれた
気分でした。 叔父のことも心配だけど、それ以上に
母が滅入って肺癌が悪化することが何より怖くて。
でも、いろいろあって母は叔父夫婦にサジを
投げた状態で、新たな火種になるかもしれんので
私もお見舞いに行くに行けない状態で。

そんなダークな世界に浸かってた今週ですが
今日は姉から母の腫瘍マーカーが大きく下がった!
とのメールをもらって、ああガッツポーズ♪

不安や悲しみが大きいと、ちょっとした楽しみ
なんかはすぐに吹き消されてしまうけど
強い希望の光が見えると、楽しい事も輝くもん
ですね。
本屋さんへ行けば、シアワセの種が見つかり
パン屋さんへ行けば、美味しい新作パンにあたり
駅前を通れば、男前外人に声をかけられ
(て、英会話学校の勧誘や (涙。))
マイスペでは、ツボ命中バンドに立て続けに出会い。
f0024419_16342829.jpg
で、シアワセの種はこちら。
小躍りしたくなるぐらい可愛い「北欧の切り紙」と
高田純次の「適当論」← まだパラパラ見ただけ
だけど、かなり面白そう。
彼のように適当かつ楽しく生きる方法を
精神科医の和田氏が分析してるんですが、軽そうに
見えて 実はなかなか奥が深くて ガッチリ的を得てる
のかもしれん高田純次。 うーん、見習いたいかも。

でもたくさんあった純次語録で、個人的に
一番感心したのは 「女というものは おだてて
いればつけあがり、ちょっと怒ればすぐ泣くし
殺してしまえば化けて出る」 このオチいいな~(笑)
て、憤慨される女子もいるかもですね ・・・ 陳謝 :P
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-18 17:05 |

葛藤す。

寒いですねぇ。 うちの方は初雪はまだですが
しんしん冷えてます。 ああ、こんな日には
酒風呂を♪ 毎晩入りたいぐらい温まるけど
いくら安いパック酒とはいえ、一度に600ccとか
消費するのが勿体無い ・・ と思ってたら
月桂冠からお酒の入浴剤が出てるそうで
試しに注文してみましたん。
同じぐらい温まるといいのになぁ。

お風呂で使うといえば、1年前に購入した
iriver用の防水ケース。 もともと壊れやすそうな
作りではありましたが、パーツが次々壊れて
とうとう蓋をロックするアタッチメントが割れて
風前の灯に。 まだラッキーな割れ方だったので
いちいち手動でくっつけて使ってますが
いつまで持つだろか。 もはや音楽のない
お風呂なんて ・・・ になってしまったというに。

ポーちんの風邪っぴきは一向に治らず。
というか、鼻タレ具合が より増してきた気さえ
したりして。 もう明日で一週間経つのに。

朝晩の投薬時、お薬の包みをガサガサ開ける音を
覚えて、最初は“目をそらし作戦”で拒んでる
つもりだったポーちん。 ん~、青いな(゜∀゜)
しかし、それでは避けられんと悟り
現在は“プチ逃亡作戦”を敢行中。
でも、投薬はご飯(猫缶)を出す直前なため
逃げる=食べられない、どんぐりに食べられて
しまう!(涙。)アイツには取られまい!(怒)
というのが渦潮の如く頭の中でグルグルしている
であろう悲劇のポーちん。

お薬の音を聞くと同時に一応は廊下へ走って
逃げ出すものの、私が知らん顔してキッチンに
移動すると、とてももどかしそうに お戻りに
なられます。 そして捕獲&投薬される訳ですが
このポーちんなりの葛藤が非常に可愛くて。
て、本猫には申し訳ないですけどね。
ほんまに早く良くなっておくれ (懇願!)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-17 17:01 |

真逆のキュート。

その後のポーちんは状態が変わらず、ちょっと
焦ってみたりしてます。 て、心配しても
どうにもならんのはわかってるけど。
昨日からポーちんが黄色い鼻をカピっと
つけてるのを見て、子供の頃 母に
「黄色い鼻が出たら風邪がよくなってきてるんやで」
と言われたことをふと思い出し、あれって
猫も同じなんか?いや、その前に鼻水の色に
根拠なんてあるのか?と疑問が湧いたので
ございます。 母と電話で話してたら
案の定 「黄色い鼻は・・・!」 とか言うので
調べてみたら Yahoo!知恵袋
色つき鼻水は悪化のサインだと。ウソやん(涙。)

てことで、点鼻薬させなーい!などとヘタレに
なってはいかん、と鬼になって強制点鼻してみると
気迫に負けるのか暴れながらもさされてる
ポーちんです。 エクソシストばりに首回して
拒んでますけどね。 終了後 「わーん」 と鳴いて
膝の上からすっ飛んで行って、ちろ~っとした
視線をこちらに向けるのですけど、呼ぶと
すぐにまた膝の上に戻ってきて、お鼻ぶーぶー
鳴らしながらノドをゴロゴロ。。
おい、そんなに単純でいいのか?(笑)

今朝の 「ちりとてちん」、ポーちんとは真逆の
ような計算高いヒネクレ四草に 思わずドキドキ
した女子が多かったのではっ!(喜)
あまりにステキだったのでキャプチャして
しまいましたーん♪
f0024419_12233831.jpg
育成型万歩計、風邪でサボり携帯するのを忘れ
していたら、とうとう家出してしまいましてよ。。
何度もやってたら飽きてきて、もう名前を考える
のも面倒なので、とりあえず 「びよるん」 に
してたんですけど、「びよるんは旅にでます・・
さがさないでください」 という置き手紙を読んで
なんか無駄に複雑胸中 ・・・。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-14 12:33 |

人間もいいもんだ。

点鼻薬、ポーちんの激しい抵抗でさせない。。
そりゃあイヤやろう、怖いやろう、私も
自分で使うのイヤやと思うもんなぁ ・・・
子猫なら暴れても、まだ掴んで
鼻にピっと垂らすことは出来るけど
うーん、非常に厳しいポーちんさん。
なにか良い方法は無いもんだろうか ・・
ミッション失敗後、離れたとこから
刺す様な視線を送るのは止めてください。

すごーく良い作品だった「サン・ジャックへの道」。
ふつふつとした感動をあれもこれも書いて
しまいたい衝動に駆られるものの
めちゃくちゃ長文になりそうなので自粛をば。
f0024419_1843770.jpg
人間、いろんな思い込みに縛られたり
囚われたりして生きてるけど、人生に本当に
必要なものはこんなにシンプルなもの!と
フランス→スペイン1500キロの旅で
教えてくれる愛すべき個性豊かな人たちの
お話でした。
色彩が鮮やかで映像も素晴らしく美しかったし
いい歳した大人の兄妹が掴み合いの喧嘩したり
坂道をのぼることに疲れ果て、誰も話しかけて
くれんから帰る!と半泣きになるおやぢとか
正直でストレートな模写が面白かったり
見終わった後、豊かな気持ちになれた
素敵な作品でございました。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-12 18:57 | 雑記