タグ:本 ( 44 ) タグの人気記事

現実になる?

素晴らしくツイている、ももいちご女ちこ
でございます!
て、別にそんなことはないんだけど
今読んでる小林聡美さんのエッセイ 「ワタシは
最高にツイている」 に、こんなふうに願望を
口にしているうちにホントになった人がいる
という話が載ってて面白そうだったので
私も暗示なぞ かけてみようかしらと。
本当はずっと不運続きだった人がもうヤケクソで
「どうも、ツイてる○○です!」 なんて
言いたおしてたら、ほんとにツキだして
会社の社長さんになった人がいるとか(笑)

うちの母も肺癌治療の一環に、数ヶ月前から
イメージング療法なるものを取り入れてるんです
けど、よくスポーツ選手がやるイメージ
トレーニングも然り、あながち馬鹿に出来んもの
だなぁと思ったり。

しばらく実行してみようかな~。
どうぞみなさまもご一緒に!て、なにげに怪しげな
新興宗教みたいやけど(笑)
ちょっと酔いどれももいちごでしたん♪

て、ほんまはショボクレ苺やったりしますけど。
PCに何やら脅威ファイルが潜んでる疑惑が判明して
ウィルススキャンしまくって疲れましてよ。
もう大丈夫かなとは思うけど、マイスペに妙なもん
仕込んでたり、知らないうちにくっついてアップされて
たりすることってあるんかなぁ ・・・ 別に変なサイト
にも行ってないし、それしか考えられんのだけど。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-03-28 22:58 | 雑記

ハッピー前線。

懸賞とかに応募する時って、当たるかも!と思って
応募される方が多いんですかねぇ。 て、普通はそうです
よね。 でも私は何故か 「ああ、絶対当たらんやろな」
と思いながら応募するという、どこまで後向きやねんと
自分でも呆れてしまう習性を持っております。

そんな風に思いつつ、マイスペで某バンドが企画した
クイズ (子供でも正解率100%) の正解者の中から
3人に自分たちのCDをプレゼントするというのが
ありまして、応募者が少なそうで気の毒やし ・・ なんて
何様!モードで応募したら、当たってしまいましてよ。
( 結局、応募者は10人ぐらいだったかと ・・ 沈 )
でも昨日届いて、開けてみたら にゃんと2枚組やん!
そんなんもらったままで良いんやろか、素直に嬉しいけど
日本への送料だってかかってるのに図々しい気がするー
とかプチ悶々してしまいまして。 んで、お返しに本を
送ることにしました。 「北欧 POP MAP スウェーデン編」
f0024419_14385573.jpg
彼らのCDレビューがちょこっと載ってるので、そこだけ
英訳して、あとは読めんでも写真とか見て、バンド仲間同士
話のネタぐらいにはなるだろうさってことで。
なんか却って高くついた気がせんでもないけど(笑)

まぁ、でもここのところちょこっと上昇気流っぽいし。
前に情報誌で見かけた、一年の幸せ度を表した波形グラフ
によると、射手座の私は3月からググっと上昇して
ハッピー度のピークは4月と8月だそうで。
これは MANDO のライブとサマソニなんやな(笑)と
思っておったのですけど、ほんまにグラフ当たってるかも~。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-03-25 14:56 | 雑記

快感の精神修行(笑)

お天気がよかったので、お散歩がてら隣街へ♪
お目当ては色画用紙だったのですけど
本屋さんを覗いたら 誘惑に負けてしまい
シャトルシェフのレシピ本 「保温調理鍋でスロー
クッキング」 と川上弘美さんの 「古道具 中野商店」
アーサー・ビナードさん 「空から来た魚」 の文庫本を
お買いあげ。 改装セール中だった雑貨屋さんでは
前からちょこっと気になってた小さな鳥かご
(インテリア用のね) が400円になっていたので
レジ直行!(汗。)

んで、買ってきた色画用紙で 「北欧の切り紙
デンマークのかわいいモビール」 を参考に、ついに
モビール作りスタート。
こっちに夢中になるといけないので、クリスマスの
ステッチが完成するまでお預けにしておったのです。
表紙に載ってる “水のしずく” を作ります。
f0024419_16565562.jpg
最初にカッターで型紙を切り始めると、手に力が
入りすぎて刃先がうまく線に沿って切れなくて
んあ~、もどかしくてキィィっとなりそう!とか
思ったんですけど、切ってるうちに楽しくなって
いつしか快感に(笑) 既にハマったかも。。
微調整、微調整でカッターを滑らせてると
キリがなくなったので、今日はここまで。
雑念を振り払い、ちょっとした精神修行のような
ひとときでございました。
たまには慣れないことをするのもいいなぁ。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-03-02 17:04 | 雑記

おおお、連動中。

寒い中ポーちんを連れ出すのは嫌だったので
獣医さんに電話して、鼻水に効く錠剤だけ
処方してもらってきました。
その名は“クラリス”-「羊たちの沈黙」を
思い出したりして(笑)
これはまだうちの猫たちには使ったことがない
お薬なもんで副作用がちょこっと心配では
ありますが、なんとか こじらさんうちに回復
してもらわんと。 回復しにくいのは、虚弱な
のもあるだろうけど 年のせいもあるんかなぁ。。
どんぐりとちろる嬢は放置してても治るもんな。

先日 とある病気から脳を病んでしまった叔父が
入院して もう危ないらしい、と母から聞き
怒涛のマイナス・スパイラルの中に放り込まれた
気分でした。 叔父のことも心配だけど、それ以上に
母が滅入って肺癌が悪化することが何より怖くて。
でも、いろいろあって母は叔父夫婦にサジを
投げた状態で、新たな火種になるかもしれんので
私もお見舞いに行くに行けない状態で。

そんなダークな世界に浸かってた今週ですが
今日は姉から母の腫瘍マーカーが大きく下がった!
とのメールをもらって、ああガッツポーズ♪

不安や悲しみが大きいと、ちょっとした楽しみ
なんかはすぐに吹き消されてしまうけど
強い希望の光が見えると、楽しい事も輝くもん
ですね。
本屋さんへ行けば、シアワセの種が見つかり
パン屋さんへ行けば、美味しい新作パンにあたり
駅前を通れば、男前外人に声をかけられ
(て、英会話学校の勧誘や (涙。))
マイスペでは、ツボ命中バンドに立て続けに出会い。
f0024419_16342829.jpg
で、シアワセの種はこちら。
小躍りしたくなるぐらい可愛い「北欧の切り紙」と
高田純次の「適当論」← まだパラパラ見ただけ
だけど、かなり面白そう。
彼のように適当かつ楽しく生きる方法を
精神科医の和田氏が分析してるんですが、軽そうに
見えて 実はなかなか奥が深くて ガッチリ的を得てる
のかもしれん高田純次。 うーん、見習いたいかも。

でもたくさんあった純次語録で、個人的に
一番感心したのは 「女というものは おだてて
いればつけあがり、ちょっと怒ればすぐ泣くし
殺してしまえば化けて出る」 このオチいいな~(笑)
て、憤慨される女子もいるかもですね ・・・ 陳謝 :P
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-18 17:05 |

暗示をかけて。

どうも生活がくすんでていけません。
もう1月も半ばなのに、自分とポーちんの
体調のことが大きいけど、飛ぶで飛ぶで
と言いながら いつまでもジタバタ地面を
小走ってる鳥みたいで~(汗。)

昨日は母の病院同行日だったんですけど
(毎週治療してもらってるのとは別病院の)
親切で楽しくて元気をくれる担当の先生が
春から広島の病院へ移動すると聞き
ちんまり。 なんかあったら広島までおいで~
とおっさってましたが、近いようで遠いさね。
兵庫に嫁いで以来、大好きな奈良でさえ
遠くて行けない~と思ってる私のフットワークが
単に重すぎるだけですかね。

昨年末おりこうな電子辞書を手に入れたので
今年こそ英語のおべんきょをガンガンやるのだ!
と熱くなっておったのですけども
ことごとく自分に負けて撃沈中。
私の中の生活目標で現在進行形なのは
本を読む、クリスマスのステッチを投げ出さない
という 人によっては取るに足らんことを
しかし私には心のバランスを保つ重要アイテム
ですから ・・ をかろうじて続けてるぐらい。

でも、今年の読書運はなかなかかも。
笑えそうかな~と思って お気楽に注文した
高田純次の本は凍りつくような下ネタ炸裂
だと聞き、発送前に無事キャンセルできたし(祝)
買い溜めした斉藤茂太氏の本は、優しく
寄り添ってくれる恩師のようで心強いし
今読んでる太宰治の「パンドラの匣」は面白いし。
て、系統バッラバラですけど(笑)

でも高田純次の「適当手帳」を本屋さんで
パラっと見たら “春を愛する人は心清き人。
うそっぽいよねー。 春は危ないよね。”

の3文がツボって。
こっそりさっくりの立ち読みがオススメかと。

ま、別に1月からきっちり飛び立たないと
いけないもんでもないし
「思い立ったが吉日よ」 で 頑張って行けば
いいか。 丸投げさえしなければ。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-16 12:11 | 雑記

with my mr. moon <3

エキブロのスキン、ほんまに気に入るの
無いなぁ(涙。)

昨夜6日ぶりにワインを飲んだら美味しかった
ので、風邪っぴきは ほぼ治った模様♪
て、健康のバロメーターは酒な奴です。
こんなに断酒したのは盲腸の時以来かも。
でも今回だけは飲みたいと思わなかったのが
不思議でしたね。
今日はクラクラせずに掃除も洗濯もできたし
こういう日々の家事が普通にこなせることに
ちらっと感激したりして。 見えなくなってた
ものが見えるようになるのは、たとえ
ウルトラマンの3分やったとしても(笑)
嬉しいことです。 久々に寝込んで、怪我の
功名みたいなもんでしょうかね。

“見えていたものが見えなくなってしまった”
で始まる、台湾の絵本作家ジミーの
「君といたとき、いないとき」
("with my little moon") 。
マイミクさんに教えていただいて
空から落ちてきたお月様と少年のお話なんですけど
せつないながらも じんわり温かい気持ちになって
めちゃくちゃ愛おしく感じた一冊でした。
f0024419_13413290.jpg
心温まる?つながりで、今朝元気にゴミ収集を
してた兄ちゃんがふと手を止めて、電信柱で
おしっこしてたミニチュアダックスを
目を細めて見てたんです (でも周囲に飼い主が
いなくてリードもしておらず(怒))
で、頭を撫で撫でなんかしたりして
わんこ好きなんやな~微笑ましいな~と
思った次の瞬間、わんこにキャンキャン吠えられ
怒られ、兄ちゃん腰引けてたの巻。
ああ、逆鱗に触れてしまったのね。
でもお二方とも同じ毛色だったのがウケた(゜∀゜)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-09 14:02 |

舞妓Haaaan!!!

先日の5年ものエナジー・コーラ。
炭酸は抜けてないのかプシュー!
シュワシュワ~言うてて、匂いも大丈夫
だったし飲めそうな感じはしましたけども
色が妙に赤かったのが不気味で毒見断念。。
義父母に続いて腹下し一族には
なりたかないですからね(笑)
f0024419_14463718.jpg
図書館でかりてきました♪
マイミクさんがブログで紹介してらした
レオ・レオニとイアン・ファルコナーの絵本。
思わず うるるっと来たものもあったりして
心が温もって良いもんですねぇ、絵本って。
f0024419_14471531.jpg
ずっと見たかった「舞妓Haaaan!!!」
面白かった~。 途中ちょこっと中だるみ
したものの、サダヲちゃん@すごい俳優さん
やなぁと。 カメレオンのように変幻自在の
ハジけっぷりにびっくり。
f0024419_14474379.jpg
白熱のネットバトルと初めて舞妓さんに出会って
「ぼん、ぼん(=僕)」言われたシーンとか
ツボったし、あと、白いブリーフは激しく
引きつつも似合いすぎてて笑えたり。
f0024419_1448896.jpg
でも、堤真一は渋くてクールなイメージが
総崩れで、なんかなぁ ・・ と複雑な気分に
なりましたけども、まぁ面白かったし
ええかな(苦笑)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-12-20 15:02 | 雑記

引き寄せの法則。

「引き寄せの法則」(マイケル・J・ロオジェ著)
という本を読んでおります。
怪しげなスピリチュアルものではなく
グリグリにヘソ曲がりで疑り深い私でも納得
できるような現実味がある実践書で
なかなか面白いです♪

と、早速引き寄せられたのか?
だいぶ前に図書館に予約を入れたのも忘れてた
斉藤茂太さん (精神科医・医学博士) の
心に「プラス」を植えるにはどうしたら
いいのか系の本2冊が届いて。
読んでるだけで妙に前向きな空気に
包まれてます(笑)

本でも音楽でも、ああ!今の私はこれを
求めてたのだよ~!というものに出会えるのって
まさに引き寄せの法則なんかなぁ。

以前ネタにさせてもらった、旦那と一緒に
仕事している派遣のKさんですが ・・
借金あるのに高家賃のマンションに住んで
食費軽減のためバナナばっかり食べてる人ね。

そのKさん、お家からブレンディの空ペット
ボトルにお水を詰めて持って来てるんだそうです。
お水ぐらい会社で なんぼでも飲めばいいのに
わざわざ重いものを持参するなんて、さぞかし
優れた浄水器のお水か?と思いきや、その先を
聞いてびっくり。

ご愛用のペットボトルは夏からずっと同じもので
透明だった容器が最近では緑色に・・!
ももも、もしや苔??!
なのに平気で使ってるKさん。
旦那に言われて初めて気付いたようで
しかし「容器を変えた方が良いですかねぇ~」
なんて、のほほんモードだったとか。
Kさんよ、しっかりしろ(汗。)

うちの水槽の水の方がきれいや!と爆笑する
旦那。 そりゃ水槽は週1で掃除してるから
苔も生えてるヒマがないと思うけど。。。

こないだ姉から 「ベタニー元気?」 と聞かれ
なにかと思ったら、淡水ふぐのベニーさんの
ことでした。 ベタニーは俳優ですから(笑)
食が細く痩せこけてたベニーさんは、最近
食欲旺盛で、正面から見ると下ぶくれの
三角おにぎり顔になって激しくキュートで
ございます(*^^*) カメラを怖がるから
写真撮れないのが残念。。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-12-05 15:43 |

さぁ、想像してみましょう。

MANDO DIAO の新譜国内盤の発売日
なので、いそいそと買いに行き♪
もう輸入盤持ってるのに、愛だねぇ~。
なんだかんだ言いつつ聴きこんだら
うっかり気に入ってしまったりなんか
しましたけども、楽しみにしてた日本盤
ボーナストラックも妖しげな効果音入ってる
曲があったりして、どんなもんかと(汗。)

電車の中で、小林聡美さんのエッセイ
「凛々乙女」 を読んでたら、これが面白くて
笑いを堪えるのが大変で。

ストレス解消に、お仲間と“男の裸踊り”
いわゆるスト○ップてやつでしょうかね?を
見に行かれた時のお話がもうすごくて。

外国人ダンサーたちがいろんな衣装を着て
出てきては最後は自分で引き裂いて
パンツ一丁になるんだそうな。
で、お客さんはパンツにチップを挟んであげる
のだそうで、それはアイドルのライブのような
盛り上がりっぷりだと。

え゜ー、目の前をパンツ姿で踊られたら
嬉しいどころか引きまくりやん、なんて
思いながら読んでると、次の瞬間
衝撃的な一文が。
 「腰ミノをつけたダンサー」
腰ミノ!? これがもう激しくツボってしまって
爆発しそうな笑いを押し戻すのにどれだけ
汗かいたか。
だって想像してみ、憧れの素敵な人が腰ミノ
つけて出てきた姿を。 ときめくより どよめくよ~。
もう笑い死にしそう。 違う意味で秒殺ですか?
いや~、この衣装のチョイスはすごいわ。

というのは、未体験の自分とは縁のない世界の
お話ですけども ・・・ 今、あなたの、そして私の
お財布に入ってるお札はパンツに挟まれたものが
回り回ってきたものかもしれませんね(倒)ぎゃー。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-07 15:39 | 雑記

「カラフル」

毎年、桜前線と紅葉前線のニュースが流れる
ようになると律儀に微熱が出まして。
自律神経から来るみたいだけど、10年以上も
続いてる自分の恒例行事とは言え、やっぱり
このダルさは慣れないのですなぁ(涙。)
今年は紅葉が遅れてるからどうなるんかな?
と思ってたけど、私は温暖化してないようで(笑)
今朝からやって来たっぽい。 とほほ。

図書館に予約を入れてた本が3冊どどっと
まとめて届いて、そのラスト1冊 「Colorful」
森 絵都さん著を読みましたん。
これが激しくツボってしまって!

死んだ筈のぼくの魂は、突然現れた天使によって
君は抽選に選ばれたから再度生きるチャンスを
与えられた、と告げられる。 臨終間際の小林 真くん
という男の子の魂が抜けたら、入れ違いに君が入って
一定期間、彼の人生を再挑戦するように、と ・・・
天使業界では、これを 「ホームステイ」 と言って
困った時には この天使プラプラが現れて
ぼくの魂をガイドしてくれるという。

お話自体、ユーモアに溢れた とても感動できる
もので号泣してしまったのですけど、ちょっと奥さん!
この天使が下界ではスーツ姿の美形でスリムな長身
目が瑠璃色と来たもんだ(笑)

f0024419_165839.jpg瑠璃色じゃなくて青目だけど
なにげにポール・ベタニーが
浮かんでしまって、ちらちらっと
イメージしながら読んでると
バチっと役がはまってしまって
異常に楽しめてしまったのでした。
この本、購入決定♪

と、軽いノリで終えてしまうには
申し訳ないぐらい素敵なお話
なので、一部抜粋をば。

 人は自分でも気づかないところで
 だれかを救ったり苦しめたりしている。
 この世があまりにもカラフルだから
 ぼくらはいつも迷っている。
 どれがほんとの色だかわからなくて。
 どれが自分の色だかわからなくて。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-12 17:05 |