タグ:映画 ( 78 ) タグの人気記事

ふ、青かったわね。

昨日のお昼前、急に背中の左側になんとも言いがたい
痛みを感じ、耐えられなくなって横になったら
吐きそうに気分悪くなって、このまま気を失って
死んでしもうたら ・・ と激しく不安に。
昼寝と勘違いしたどんぐりが一緒に寝ようと
喉を鳴らしながら嬉しそうな顔してるのを見て
犬サマなら尋常でない鳴き声でドア向こうのお義母さんに
知らせてくれるかもしれんけど、猫サマやからな~
とプチ絶望を感じつつ。
ビヨルンに手を握られ もはや思い残すことはない!
なんて思ってたくせに、やっぱり私は貪欲でした(苦笑)
そんなことを考えながら30分ほど眠ったらケロっと
治ったんですが、月曜の夜からずっと眠いのに眠れない
状態が続いてるし~と母に電話で話すと、体が緊張して
懲りすぎてるのでは?と。
いわゆる、ぶらんぶらん体操?を勧められましてよ。
鍼灸の先生から聞いてやってみたら、母の恐ろしく頑固な
肩こりがマシになってきたそうで。
んで昨夜ちょこっと実行してみたら、今朝はなにげに
体が軽くなっております。 すごいもんだねぇ。
ぶらぶらしてる図があまりにも間抜けで、猫たちに
奇異な軽蔑を含んだ目で見られるのが哀しいですけど(汗。)

昔見て訳わからんかった映画 「ランブルフィッシュ」
を見直してみて思ったこと。 当時いかに子供だったか。
決して難解な映画ではなかったんやなぁ、とびっくり。
映画にハマり始めて漁るように見てたから、丁寧に
見てなかったのかもしれんのですけど。
今見ても斬新でドキドキするような映像と音楽、
ワルのカリスマ的存在だった兄と彼に一心に憧れを
抱く弟の気持ちの交わり、繋がりがじんわりしみる
素敵な作品でした。
当時同じように難解で気取ったつまらん映画と思った
ゴダールとかも、もしかして今見たら良さがわかったり
するんかなぁ。

この映画の中で、ぶっ飛んだ点2つ。
その1.ニコラス・ケイジ
どひゃ、見よ!この衝撃的に多い髪をっ。
でも、むしろこれは彼ではない!と思わせる目の慣れ
ってやつは恐ろしいもんだ。 人間って良くできてるな。
f0024419_12121699.jpg
左端。ふっさ~(笑)

その2.ミッキー・ローク
現在のお姿がすごいことになっている彼の若かりし頃は
こんなだったとは、時間というやつが呪わしい。
確かにかっこいいけど、やっぱりこういうネチっと
湿気た色気は苦手やな~。 色気はドライに限る!(え?)
お好きだった方 (なぜに過去形?) ごめんなさい。
f0024419_12123762.jpg

[PR]

by chiko_patanyan | 2008-04-18 12:33 | 雑記

悲哀の男、ブコウスキー。

あ、タッキーだっ!て、ちがうちがう。
f0024419_11351678.jpg
思わずHMVで手にとって、しかも買ってしまい
ましてよ。 UKの The Lurios というバンドで
メンバー4人の顔が重なったジャケ写に釣られて
視聴してみたら、なかなかかっこよかったので。
まだちゃんと聴いてないけど。
f0024419_1135192.jpg
昨夜のちろる嬢。
黒くてわかりにくいので恐縮ですが、片手で足を
引き寄せて足裏を舐めてるの図です。
にゃんてかわいいのだーっ(倒)
ちょっとアホっぽい顔になってるけど。

少し前から作家チャールズ・ブコウスキーにハマって
おります。 酒と女と暴力を描くおぢさんっつうぐらい
しか知らなくて、学生の頃ならそんな退廃的な危ない
世界を覗き見たりもしたでしょうけど、今はそういうの
パス!と思ってたので自分でも意外なんですが。
こないだ彼の自伝的小説がベースになってる映画
「酔いどれ詩人になるまえに」 を見たらツボってしまった。。
f0024419_11401620.jpg

何の仕事をやっても続かない、お酒を飲んで
女を求めて、タバコの煙に包まれながら、自分の中から
とめどなく湧きあがってくる言葉をひたすらノートに
書き留め続ける ・・ 作家をめざして。
頼りなげでどうしようもないダメでアホな男なんだけど
書くことだけには真摯でまっすぐで。
実際こんな人を好きになったら最悪やなと思うけど(笑)
なんか悲哀に満ちた姿にキュンとしたりして。
マット・ディロン主演、非常にかっこよかったです。
( でもこの作品て、嫌いな人はどこがいいのかわからん
やろうな ・・・ )
サントラがまた素晴らしい! ノルウェーのクリスティン・
アスビョルンセン が Jazzy で気だるく、しかし力強く
歌い上げてて、個人的には大絶賛の一枚でございます。
http://www.myspace.com/kristinasbjornsen
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-04-13 11:48 | 雑記

悶々すること、きゅん泣きしたこと。

f0024419_1516447.jpg
糖質ゼロのチューハイ、結構お気に入りなんですが
旦那から 「うちの発泡酒の方がカロリー低いん
ちゃうん?」 と言われチェックしてみたら
チューハイ44%、発泡酒22%で糖質1%とな。
うーん、太りにくいのはどっちなのか?
発泡酒の勝ちっぽい気はするけど、目くそと鼻くそ
みたいなもんでしょうかね、ちょこっと悶々してます。

悶々といえば、DVD 「記憶の棘」 は 10年前に
夫ショーンを失くし、やっとの思いで再婚を決意した
アナの元に 「ぼくだよ、ショーンだよ」 と現れる
10歳の少年。 彼は夫の生まれ変わりなのか?!
というお話。 今まで映画にありそうでなかった題材
やな~とドキドキしながら見ましてよ。
f0024419_15195589.jpg
もしも自分やったら???その子が成人するまで
待つんかなー、でも10年はキツイやろ
それに生まれ変わっても 中身が同じ人と又一緒に
なるんか?とか、どうでもいいことを悶々してみたり(笑)

ううう、今日の四草 in スタパ!
子供のころ大病で入院した話を聞いて、既にジーンと
きてしまった私ですが、ちりとてちんの脚本家さんからの
お手紙に、堪えきれずにうつむいて泣いてしまった四草
いや、加藤虎ノ介さんを見たら きゅん泣き~。 ひーん。

★ 以下にて続き ★
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-02-25 15:40 | 雑記

人間もいいもんだ。

点鼻薬、ポーちんの激しい抵抗でさせない。。
そりゃあイヤやろう、怖いやろう、私も
自分で使うのイヤやと思うもんなぁ ・・・
子猫なら暴れても、まだ掴んで
鼻にピっと垂らすことは出来るけど
うーん、非常に厳しいポーちんさん。
なにか良い方法は無いもんだろうか ・・
ミッション失敗後、離れたとこから
刺す様な視線を送るのは止めてください。

すごーく良い作品だった「サン・ジャックへの道」。
ふつふつとした感動をあれもこれも書いて
しまいたい衝動に駆られるものの
めちゃくちゃ長文になりそうなので自粛をば。
f0024419_1843770.jpg
人間、いろんな思い込みに縛られたり
囚われたりして生きてるけど、人生に本当に
必要なものはこんなにシンプルなもの!と
フランス→スペイン1500キロの旅で
教えてくれる愛すべき個性豊かな人たちの
お話でした。
色彩が鮮やかで映像も素晴らしく美しかったし
いい歳した大人の兄妹が掴み合いの喧嘩したり
坂道をのぼることに疲れ果て、誰も話しかけて
くれんから帰る!と半泣きになるおやぢとか
正直でストレートな模写が面白かったり
見終わった後、豊かな気持ちになれた
素敵な作品でございました。
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-12 18:57 | 雑記

私はスパイ(笑)

マスクして寝てるんですけど、鼻詰まりが酷くて
もう鼻の穴ひろがってしまいそうなぐらい
苦しいです。
昨夜は寝てるのか起きてるのかわからず
東欧にスパイとして潜入するという
大それた夢を見まして。
寝る前に見てた「ホリデイ」のDVDに
キャメロン・ディアスが雪道をヒールで疾走する
シーンがあって、おお~♪と見惚れてたのが
影響したのでしょう、私は夢の中で 雪道ではなく
泥道をピンヒールで走りまくっておりました ・・ ら
目が覚めて ふくらはぎがほんまに筋肉痛で
パンパン。歩くのもぎこちないほど痛くて
ばあさんのようです(笑)
ああ、穏やかに眠って平和な夢を見たいもんだ。
f0024419_12114396.jpg
で、「ホリデイ」の方は、期待しないで見たら
なかなか面白かったです。 すごくベタやったけど
素直に涙が出てくるような。
ノーマルなジャック・ブラックはどんな感じかなと
楽しみにしてたら、ノーマルすぎて肩透かし。
やっぱり人間を超越したキャラ(え?)を
やってもらいたい。

「NIN、無料でダウンロードするファンの多さに落胆」
トレントさん、私はちゃんと5ドル払たけどさ
音について行けなくて落胆(涙。)
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-01-07 12:34 | 雑記

舞妓Haaaan!!!

先日の5年ものエナジー・コーラ。
炭酸は抜けてないのかプシュー!
シュワシュワ~言うてて、匂いも大丈夫
だったし飲めそうな感じはしましたけども
色が妙に赤かったのが不気味で毒見断念。。
義父母に続いて腹下し一族には
なりたかないですからね(笑)
f0024419_14463718.jpg
図書館でかりてきました♪
マイミクさんがブログで紹介してらした
レオ・レオニとイアン・ファルコナーの絵本。
思わず うるるっと来たものもあったりして
心が温もって良いもんですねぇ、絵本って。
f0024419_14471531.jpg
ずっと見たかった「舞妓Haaaan!!!」
面白かった~。 途中ちょこっと中だるみ
したものの、サダヲちゃん@すごい俳優さん
やなぁと。 カメレオンのように変幻自在の
ハジけっぷりにびっくり。
f0024419_14474379.jpg
白熱のネットバトルと初めて舞妓さんに出会って
「ぼん、ぼん(=僕)」言われたシーンとか
ツボったし、あと、白いブリーフは激しく
引きつつも似合いすぎてて笑えたり。
f0024419_1448896.jpg
でも、堤真一は渋くてクールなイメージが
総崩れで、なんかなぁ ・・ と複雑な気分に
なりましたけども、まぁ面白かったし
ええかな(苦笑)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-12-20 15:02 | 雑記

その妄想、イエローカード!

お花屋さんにポインセチアが並び始めました
ねぇ。 あと1ヶ月弱でクリスマスとは
一年過ぎるの早いなぁ。

昨年、実家の近所の画廊でトルシエ元監督
(現オマルさん) を見かけたという 日記
書きましたが、一緒にいたどっかで見たことが
ある方というのは、アーセナルのベンゲル監督
ではなかったか?と。
昨日ちらっとテレビで見かけまして 「んあー!!」
と思ったんですが、1年前の、しかも一瞬の記憶
なもんで自信度53%ぐらいなんですけども。。
あの眼光はそうだった気がっ(小声)

昨夜見たDVD 「ダークロード~闇夜の逃亡者~」
こいつが悪い奴やったんか!という結末だけは
とりあえず理解できたんですけども、細部が
ちょっと訳わからんうちに終わってしまって。
私がアホなだけかなぁ(汗。)

お話と主演のミケさん (マッツ・ミケルセン) は
おいといて (スルーかよ)、久しぶりの
VIVA★北欧をば。 部下ファビアン役が非常に
可愛くて、チェックしてみたら ステランの
息子さんとな! 写真左。
f0024419_1564149.jpg
アレクサンダー・スカルスガルド。
うーん、強そうな名前やな。
f0024419_1565648.jpg
ステランはパイレーツでオーリーの
お父ちゃん役でしたね ・・ て、原型がぁぁ。

画像探ししてたら、スーツで決めたミケさん
発見。 しかし、この腰かけ方って なにげに
便座にお座りになってる様とリンクして
しまうんですけどー(笑) ぶはは!
f0024419_1584125.jpg
ミケさんの知的ビームは場所を選ばず (は?)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-27 15:33 | 雑記

キュン死にセンサー。

昨日は 「ボーン・アルティメイタム」 を観てきまして。
おもしろすぎて まばたき出来んかったよ~(笑)
個人的には、今年映画館で観た中で一番楽しめたかも。
て、他に良かったのは 「ブラッド・ダイヤモンド」
ぐらいでしたけどね。

旦那が楽しみにしてたので、私は直前にテレビで
放送された前作2つ 「アイデンティティー」 と
「スプレマシー」 をとりあえず見ておきました
という感じで、別にボーン・シリーズのファンでも
なけりゃ、マット・デイモンも苦手ときた(汗。)

なんか色気なさすぎな演技がつまらんというか
(お好きな方ごめんなさい) それも彼の持ち味なの
でしょうけど。
皆さんそれぞれ 「キュン死にセンサー」 て
お持ちだと思うのですけど (え、そんなもん無い?)
私は “ふと見せる弱気な表情” にロックオ~ン!(笑)
しかし、今作のボーンもそういう場面があったのに
うぅ~ 針は振り切らずションボリ。
f0024419_1035716.jpg
ちょっと欽ちゃん走り入ってる?(こらこら)

まぁそんなセンサーは別にして
来日時に 「絶対おもしろいから!」 と力んでた
マット・デイモン。 奴はなかなか信頼できるのかも?!

まったりと日曜の朝を迎えておられる方が
多いであろうに、妙なテンションにて御免。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-11 10:41 | 映画

禁断の恋に落ちたら?

「ブロークバック・マウンテン」
これって同性愛がテーマでもプラトニックな
映画だと勝手に思い込んでたので
絡みが出てきて さぁ大変、目がテンに(・・;)
しかも、男っぽい二人バージョンなんて
今まで見たこともなかったし。
f0024419_17195383.jpg
以下、お話の展開ネタバレを含んでいますので
あしからず。

内容は非常にせつない悲恋で泣いてしまいましたが
イニスの奥さんが、旦那と旧友ジャックがキスする
のを目撃する場面があって、それがあまりにも
ショッキングで思考停止してしまいましてよ。

もしも自分の恋人や旦那だったらよ?と思うと。
凍りつくやろなぁ。 最後の展開に近づくまで
ずぅっと念仏のように 「奥さん@気の毒すぎる~」 と
唱えてしまったんですけど、異性と同性どちらと
浮気される方がショックだろうとか、映画の本筋より
そんないらんことが頭の中をぐーるぐる。
ちなみに私は、男と浮気される方がショックやけど
まだ許せるかも??

イニスは子供の頃に、同性愛者の男性がリンチを
受けて殺されてしまう場面に遭遇したトラウマが
あって、男を愛すなぞ絶対にしてはならん!と
頭では理解しつつも、ジャックに想いを寄せ
ひとり深い闇に苦しむんですね。

もしももしも、彼が奥さんに誰にも言えない気持ちを
正直に話したら、理解してくれることはなかったんかな。
もう夫婦という関係ではいられなくなっても
人として家族として力になってくれることはなかったん
かな、なんて想像するのは甘いかな。
今の時代だからそんな発想がでてくるのかもだけど。

脱線だらけの感想になってしまいましたが
なかなか深いものがあって、個人的には見て良かったかと。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-26 17:27 | 映画

世界共通、ハニーとダーリン。

いろいろネタはあるものの、微熱そのほかで
沈殿気味で。 今朝はイヤな夢みたし。
海沿いの巨大施設の中を歩いてたら
放射能の霧が降ってきて、吸い込まないように
一生懸命息を止めてたという。← 意味ないやろ(笑)

ちょっと楽しげなDVDでも見ようかしらと
「ハニー vs ダーリン 2年目の駆け引き」
っつうロマンチックコメディをレンタル。
良いか悪いかというより、かなり共感できて
楽しめましてよ。
f0024419_163746.jpg
同棲2年目の二人のお話なんですけども
来客後、洗い物とか片付けを自主的に手伝って
欲しいと思う女側と、相手したりして疲れてんから
好きなことして休ませてくれよという男側。
これをきっかけに、お互い今まで積もりに
積もった不満がドッカーン!
どこのお家でも似たようなことがあるかと?(笑)

これを見てて、むかし読んだ
男と女はそもそも脳が違うんだという本
「話を聞かない男、地図が読めない女」を
思い出しつつ。
言葉にしなくても思いやりの気持ちを見せて
欲しいと望む女と、言ってくれないと
そこまで心が読めないという男。
なんでわからんか?!なんて、つい思ってしまうん
ですけども、映画を通して見ると両方の思いを
冷静に判断できたりしてね。
意地を張りまくって収拾つかないとか。

まぁ映画だからデフォルメしてあるのだろうけど
個人的には、ブルックは同性から見て
ちょっとやり過ぎやろ、私にはそこまで出来ひんと
思ったり、ゲイリーに対しては 「うわ、最低~」
スリッパで頭はたいてやりたいかも!と
ブルックに同意する部分がある反面、なにげに
可哀相になってキュン ・・ としたり。

でも、ゲイリー@ヴィンス・ヴォーンよ
ロマコメやるにはメタボすぎでしょう。
どかーんとソファに横たわってると
浜に打ち上げられたシャチかトドみたいで
「もう、かさだかっ」 と、つぶやかずには
いられない感が(汗。)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-17 16:45 | 映画