<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

フランツお笑いDVDと【あなたに届け(謎】バトンだよ★

【あなたに届け(謎】バトンだよ★って、ちょっと気恥ずかしいネーミングですが(笑)
てら松さん から「ちこさんと【旅行】」というお題をいただきました♪
Q1. PCまたは本棚に入っている『旅行』
  もう古過ぎて役には立たないけど、思い出が詰まりすぎてて捨てられないNZとイタリアの
  「地球の歩き方」と自分で書いた旅メモが本棚に。

Q2. 今妄想している『旅行』
  行きたいとこはスウェーデンと昔から思い続けているガラパゴス島だけど・・・
  世界の猫と猫好きさんに出会う旅がしてみたい。

Q3. 最初に出会った『旅行』
  どこだったかなぁ、子供の頃から常にわんこがいたのと自営業だったことから
  家族旅行は皆無だったし、小6の修学旅行で行ったお伊勢さん(笑)

Q4. 特別な思い入れがある『旅行』
  新婚旅行で行ったシチリア。レンタカーの旅はエキサイティングでございました。
  イタリアでもシチリアはのんびりした田舎という感じで人も素朴でチャーミングでした。
  道を尋ねると全員違う道を教えてくれて(大汗)、途方に暮れてたら車で通りがかった
  おじさんが自ら先導して連れてってくれたり、遺跡を見た後 駐車場まで延々と続く道を
  歩いてたら車の荷台に乗せてくれた母・息子コンビさま。急にビデオカメラを向けられて
  びっくりしたけど、伊語と英語で会話が全く成立しないにも関わらず、人懐こく話しかけて
  くるあたり、おもしろくてステキな人たちだなぁと。猫もたくさん居たし、好感度大な島。

Q5. 最後にバトンを回す人
  お持ち帰りフリーです。『○○』の中にお好きなお題を入れてご使用下さいっ。
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
知らないうちにリリースされてたフランツのライブDVD日本版。
笑えましたさ~!て、お笑いモノじゃあるまいし~・・なんですけど、それがおちゃめで
おもしろかったのですよ。

彼らの演奏のバタバタ加減を魅力の一つとして認めたくない人には絶対オススメできませんが。
アレックスのクドさ全開キメポーズはひたすら面白くて(ステージでワイングラスを持ってたけど、
ちょっとぐらいキザさ出せませんか?と言いたくなるほど庶民的)
ニックはギターを構える姿が、ゼンマイ仕掛けで小刻みに動きすぎる三味線弾きのごとく。
ベースのボブはあんまり映ってなくて、これがもし女の子バンドだったら「私、全然映ってないし!」
とかってバンド解散の危機に発展するかも?
会場のお客さんから“We love Paul!”コールを浴びたポールは、ずっとステージに残って
いたかったよ~と言うと「アンコールしてくれっていう“We want more!”と音が似てるよね、
それと聞き間違えたんじゃないの?」とか他のメンバーから笑われてたり。ポールのキャラって
面白くて見直したなぁ。

メンバーのバックステージやオフショットの様子も爆笑シーンがいくつか。
アレックスがパリでのステージのことを興奮して誰かに電話で話すとこがあって、もうそれが
嬉しくてたまらないらしく頬に手を当てて「うふふ~~っ」て笑っちゃう場面。女子入ってて
キモ可愛く思ってしまった私はマニアなのか・・・。
良く笑う明るい彼らのDVD “Franz Ferdinand” は勢いづきたい人どうぞっ♪
f0024419_11423872.jpg
生フランツにはうっとりしたのに、DVDで大笑いとは、なんぞやこのギャップ?
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-30 11:57 | 音楽

「ドッグヴィルの告白」

今日は美容院へ行ってスッキリ。といっても、カットは揃えてもらうだけで
メインにしてもらいたかったのはカラーとトリートメント。3時間半の拘束はしんどいけど、
シャンプーしてもらってる時あまりに気持ちよくなって うとうと。。
あ、でも「お湯加減だいじょうぶですか?」とか質問の時はちゃんと返事しましたよ。
「はい」の声がちょっと引っくり返ってたかもだけど。

来月「ダ・ヴィンチ・コード」のPRでトム・ハンクスとジャン・レノが来日するとか。
米仏でも実現しなかったツーショット会見が日本で実現って・・やっぱりベタニーは入ってない
のよねえ?ああ、ここでも孤独なシラスくん(涙。)
ま、かっこよすぎて主役を食ってしまったらいけませんし(笑)
ハンクスとの絡み画像を見るとベタニーとの顔のデカ差が驚愕もの(!)でございました。
あのたるみようはヤバいでよ。

まだまだ行けそうベタニー祭♪今日は「ドッグヴィルの告白」です。
スウェーデンにあるスタジオの中で全てが撮影された映画「ドッグヴィル」。何週間にも渡って
閉塞的な現場で作品を作り上げていくラース・フォン・トリアー監督と俳優たち。
ストレスフルなテーマを扱った映画だけに重い空気に包まれるスタジオ、その一角に設けられた
小さな告白部屋で俳優たちが心情を吐露する・・・・

52分という短さで あっという間に終わっちまいましたが、映画の方はあくまでも“映画”として
“作られたもの”という意識で見たけれど、ドキュメンタリーのこっちの方が興味深く見られ
ました、私は。

役とは言え、いじめられてばかりのグレースを演じるニコール・キッドマンが辛くなって
本当に泣いてしまうところは胸が詰まった。。監督自身も苦悩して涙・・・でも、そこまでして
こういう映画を撮りたいという心理がよくわからないけど、それを優しく慰めるベタニーが
また素敵ときた(笑)気さくで良い奴っぽくて、ますますグーだよぅ。
途中キレて唸ったり、呆れたり、うんざりしたり、「もう抜け出してでもロンドンに帰るっ」と
寂しげな遠い目をしたり、いろんなベタニーが見られたのは かなり嬉しかったりして。
 右:なんだか父さんと息子のよう。子煩悩なベタニー、お家でもこんな感じなんだろうな~♪
f0024419_1933223.jpg
声がぼそぼそと聞き取りにくかったので英語字幕でもう一回と思ったら、ついてないではないか。
DVDやのに反則やわ(~_~)
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-29 19:11 | 映画

前進あるのみ♪

久々に母の経過をば~。実は病院を転院し、新しい治療を受けることになりました。
少量の抗がん剤と温熱療法・活性化リンパ球療法の豪華3本立て。
熱に弱いというガンを、レンジでチンする要領で患部のみを温め、気の緩んだガン細胞を
抗がん剤で狙い撃ち。採血した血液の中から元気なリンパ球を培養し、それを体の中に
戻すことによって免疫力アップ、威勢の良い彼らがガン細胞を撃破・消失させることを
狙った方法。

誰でも体の中で毎日ガン細胞は作られているけれど、ガンにならない人は元気なリンパ球が
ガン細胞をやっつけてるからだそうで、説明を聞いていると、なるほど理にかなった治療法らしい。
温熱とリンパ球療法を併用する利点は、抗がん剤の量が少なくてすむことや
抗がん剤によってリンパ球が損なわれてしまうことで起こる副作用のリスクを低下させることが
挙げられてます。効果が表れない人もいるそうだけど、有効な最先端治療としてデータに出てて
全国の大病院でも取り入れられてきているそうな。

で、なぜに転院したのかですが・・・
今までリスクを考えるとどうしても抗がん剤に踏み切れずにいたことに対して、呼外科の担当医が
母本人を前にして信じがたい暴言を吐き、結果的に、抗がん剤を飲まないなら他の病院へ行け
と谷底の奥深くに突き落としたことから。

私はその場にいなかったので、あとで母と付き添った姉から話を聞いて、腹立つやら呆れるやら。
少しでも免疫力アップのために健康食品を取り入れたり鍼灸治療に通って、沈んでたらガンに
負けてしまうからと前向きに明るく頑張ってた母もさすがに落ち込んでしまい、もう体の中で
どんどん転移が始まっているかのような錯覚に襲われたり。

命を助ける筈の医師という立場にありながら、よくもここまで落としてくれたもんだ。
奴にとって切らせてくれない患者は用無しなのか、母が放射線治療を選択した時からスネて
突き放すような態度はあったものの、来月から九州の大学病院への移動が決まりご機嫌斜め
なんだろうけど、奴の本性見たり!でした。
医師以前に一人の人間として許しがたいし、そんなんで医者やってて恥ずかしくないのかよ(-_-")

そんなことがあって、私も今まで落ち込むまいと必死で気を張ってきたのに一瞬でガツンと
叩き潰されて、母を励まそうにも気持ちが空回りばかりの数週間でございました。
言葉の暴力の恐ろしさと自分の心の脆さをひしひし。

前向きな治療が受けられることが決まって心機一転、ブログに母の事を書こうと思えるように
なりましたさ。つらい気持ちだけを吐き出して文字に残してしまうと、それに引っ張られてしまい
そうな気がして嫌だったから書かなかったけど。
大切な人の生死にかかわることだしノーテンキにはなれないことだけど、だからと言って、
病気にも気持ちにも負けてしまって湿っぽくなるなんて悔しすぎる。
元々負けず嫌いで石にしがみついてでも頑張るようなタイプとは遠く掛け離れてるけど(笑)
熱く発光するような気持ちだけは失わずに持っていたいなぁと。

f0024419_14165544.jpg昨日、大阪のお店で一目惚れした器。
ちょっと中途半端な大きさなのだけど、
まあるい優しい雰囲気に惹かれて
大小そろいで我が家に来て頂きました
とさ(*^^*)
新しい器を買うと「なに作って
入れようかな~」とダレた献立魂(なんだ
それは)に火がつくという相乗効果が♪
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-28 14:25 | 雑記

それってアリなの?

昨日の「関空旅博」、つまらなかったです(ションボリ)。
高速代と橋の通行料(土日は500円割引の1000円)まで払って行ったというに~~。くそっ。
f0024419_18364348.jpg
到着したら、イベントステージではモンゴル伝統音楽が。
あれがホーミーというものなのか、写真のおじさま(蝋人形じゃないよ)が唸るような迫力ある
重低音を響き渡らせていらっしゃって、決して眠りから覚ましてはならない怪物でも覚醒するん
でない?と思うようななんとも言えない音でちょっと怖くなりましたさ。
世界の国の楽しいあんな物、美味しいこんな物がちょこっと買えたりするのかな~なんて
期待してたのだけど、うきうきするような物は皆無(=_=)
ぐるぐる歩きまわったものの結局1時間もいなかったかな。
とりあえずスカンジナビア政府観光局のブースでスウェーデンの冊子だけ貰って帰路へ・・・。
f0024419_18384381.jpgこの妙なパンダ(+サイの鼻)の「サイパンだ!」くん、子供たちにパンチだの
キックだのされて泣いておりました。確かにどう反応していいのか微妙な不気味キャラではあるけれども(苦笑) 最近、着ぐるみさんがいじめられてるところにたびたび遭遇してイヤな気持ちに。そばにいるお母さんたちって笑って見てるんですよねぇ。サンドバックじゃないんだからさ、かわいそうに。

どっぷり疲れて夕飯の買い出しにピーコックへ寄ったら、コロッケまで春バージョンかい!の
「さくらコロッケ」なるものが。桜の花が入ってるんかな~と思ってたら ♪餡子も出て来て こんにちわ~☆(@_@) げんなりびっくり。
ほんのり甘い程度だったけど、やっぱり餡子を入れるのは やめちくれぃ(汗。)
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-27 18:48 | 雑記

YES!

今年のサマソニには KEANE がやってくる~!ってことで、今朝からググンっと気持ちが上向きに。
でも、根っこがマイナス思考なもんで、今年はフジに MANDO もさらわれるんではないか~(~_~)
と日々彼らのサイトでスケジュールチェック中 ・・・ でも、もしもダメでも KEANE が見られるなら
ちょっとは耐えられるかも~なんて調子よく思ってみたり。

森田汐生(しおむ)さんが書かれた「あたらしい自分を生きるために アサーティブなコミュニケー
ションがあなたを変える」という本を今読んでます。
自分のことを軸に置きつつ、相手のことも尊重し大切にするにはどうすれば良いのか、という
ことが書かれてます。何事も考え方や言い方で視界が大きく変わるのってすごく面白いと思うし
前向きで強い人になりたいと思って読み始めました。
バタバタして精神的に落ち着かないと、ついスルーしがちな自分の率直な気持ち。
自分を愛せない人は他の人も愛せない、ってよく言われることだけど、自分も相手も大事にする
というアサーティブな考え方はこれと一緒なんだなぁと。

今日は 「関空旅博」 へ行ってきます~♪
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-26 11:09 | 雑記

かめ買い女。

今まで使っていたiriver、ケチって512MBのを買ったばかりに
聴きたいアルバムが全部入らなくて悶々の日々だった。
しかーし、旦那が自分の1GBのiriverと交換してくれた \わーい♪/
旦那はAMラジオ(英会話のおべんきょ)が予約録音できる携帯用のブツを買って、
どうやらそれで音楽も聴けるらしい。
お互い音楽の趣味が違うため、交換した中に入ってる曲をごっそり消去。
でも他の人のお気に入りって結構おもしろいもんだな~。
とはいえ、怒涛のようなヒップホップはずっと聴いてたら湿疹出てきそうかも(笑)

「焼酎がなくなってきたから酒屋さん行こ~」と言ったら、
「もう、かめごと買ったら?」と旦那。できることなら、私もそうしたいです。
でも“かめ買いする女”・・って、かなり笑える。連チャンだけど、今日は「お酒バトン」をば。

■Q1.酔うと基本的にどうなりますか?
  ハイになってハジけたがります。

■Q2.酔っ払ったときの最悪の失敗談はなんですか?
  理性を失うほど酔っ払う前に吐いて酔いがさめます。
  一度知らない人のメガネとか持って帰ってみた~い(笑)
  失敗談は、前にも書いたことがあるけど、お洒落なバーのトイレで大の字で倒れてたこと。
  自分で穴掘って入りたいくらい恥ずかしい・・と後で思った。

■Q3.そのときはどれくらい飲みましたか?
  ビール(グラス2~3杯)、赤ワイン(かなーり)、ギムレット3杯。

■Q4.最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?
  巨大わらびもちを丸呑みしたような感じ。

■Q5.酔っ払って迷惑をかけた人にこの場で謝りましょう。
  飲んでも飲まれぬようあれから節制しておりますm(_ _;)m 。

■Q6.今、冷蔵庫に入ってるお酒の量は?
  酎ハイ3本。

■Q7.好きな銘柄はなんですか?
  特になし。いつも値段と相談なので。

■Q8.最近、最後に飲んだお店はどこですか?
  近所のイタリアンのお店。

■Q9.よく飲む、思い入れのあるお酒5品はなんですか?
  よく飲むのは焼酎。
  好きなのは赤ワイン(濃すぎないミディアムぐらいの)とギムレット。ジン系が好き。

■Q10.バトンのジョッキを渡す人5人を教えてください。
  興味のあるお方はどうぞご自由に~。
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-25 16:36 | 雑記

ぱやぱや気分で「ホラーバトン」。

f0024419_11272538.jpg
スノードロップとクロッカスのハーフさん、スノークロッカスが咲いてます。
けど、私にはクロッカスとの違いがよくわからんとです(謎)。
また今年もやってきてしまった、春のお届けもの。去年より少し早いのは桜前線と同じらしい。
花粉症は数年前から怪しげなまま悪化もせず、ただ疲れ目がひどくなると花粉効果で
たまらなくかゆくなるけれど、まだ耐えうる程度のものなのでこれは良しなのだけど・・・
この時期になるとお約束のように微熱が。(ちなみに秋も・・)
今年も律儀に来て下さって、ほんとにほんとにもうっ(怒!)
旦那は花粉症の症状の一つじゃないかと言うけど、ダルくて気分的に ぱやぱやしてしまう。
気合いが入らんのぅ(~_~)

ってことで、ちょっとでも締まった気分になれるのではないかと拾い物「ホラ~バトン」。
【Q1】恐いのは平気な方?
 絶対だめ。

【Q2】幽霊を見た事がある?
 ない。

【Q3】お化け屋敷に行くのとホラー映画を見るのとどっちが恐怖?
 うーん、どっちも。でもやっぱり お化け屋敷かなー。

【Q4】死後の世界を信じる?また、死んでもし幽霊になってしまったら何をする?
 信じる。好きな国に行って憧れの人を追いかけてフェスとライブに行きまくる!\YEAH/

【Q5】死んだらキレイなお花畑が出てくると思う?
 思う~。ハイジの世界が開けてる。

【Q6】death noteを拾いました。どうする?
 交番に届ける。

【Q7】幽霊が目の前に!!でも、その幽霊は自分の理想の人だった!!さぁどうする?
 無害で明るい幽霊ならお持ち帰る。

【Q8】自分の部屋に幽霊が住みだした!!でも引っ越すお金はない!どうしよう!
 織田無道を探し出す。

【Q9】自分ちに実はずっと使われてない井戸があったら?!
 こわすぎて想像できない~!

【Q10】着信アリのように自分にもその着信が来た・・!!!
 お寺に「供養してくだされ!」とケータイを放り込む。

【Q11】あ、あなたの後ろに何かいますよ。
 え゜・・まだらな黒っぽい不気味な物体?・・それは、ちろるちゃんですよ。

【Q12】ジェイソンとフレディ。どっちを味方にしたい?
 ジェイソ~ン。で我慢するか。

【Q13】幽霊と生身の人間。どっちが恐い?
 生身の人間でしょうね。

【Q14】最後にバトンを回す人を。
 さあさあ、お好きにどうぞ。
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-24 11:36 | 雑記

最強の小悪魔ちゃん。

f0024419_12593011.jpg実家猫リリィさん、今年の秋で15歳になる婆さまです。
「犬は人に付き、猫は家に付く」というので、こっちにお嫁入り
するとき実家に泣く泣く置いてきたのに、彼女からすれば裏切られたとでも思っているらしい。
帰ってきては爪を切られるのも、ポーちんたちの見知らぬ奴らの存在が感じられるのもお気に召さないらしく、すーっかり嫌われてます。育ての親は私なんだよ~、一人で大きくなったような顔してるけどさ~(笑)て、世間の親御さんもどきの心境です。
なんて思ってたら、リリィさんに「猫バカに育ててあげたんは、うちどすえっ。わかってはりますのん?」とか強烈に抗議されかねないけど、確かにそうだから反論不可だったりする(^^;)

私は わんこ派の家庭に育ち、リリィを拾うまでは猫と暮らしたことがなくて、正直 猫は怖い感じがして好きじゃなかった。
でも肺炎で死の淵から生還したのをきっかけに家族の一員になった彼女。それからというもの
今までの頼りなげで か弱いおちびさんから一転。かぶっていた猫をバッサリ脱ぎ捨てたかのようにワイルドさ炸裂。夜中寝ている私の上をムササビのように「はーっ!」と飛び回りダイブし、気に入らないことがあると噛みつきなさる。やめちくれ、こわいよ~(>_<。)と思いながらも、時すでに遅し。すっかり彼女の魅力にハマってしまってた私。
振り向かせたらこっちのもんよ~、という小悪魔女に弄ばれる男子の気持ちってこんな感じ?
冷たくされても足蹴にされても、猫サマなら(人サマはヤだ)一生添い遂げる自信を養ってくれた
のは、まさしくリリィさん。ありがとう、私の育ての親よ(え?)

凛として頭がきれるかと思えば おバカで抜けたとこがあったり、母のような大地を感じさせるかと
思えば 子供のように無邪気であったり、猫の魅力はエンドレス。
甘えたり甘えられたり、人には気を遣ったりなかなか素直になれない時でも、猫ならどうしようも
ない隙間を埋めてくれたり、気持ちを包んでくれたり。
猫の「さりげなさ」がツボにグッとくるのかも。
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-23 13:08 |

シラスくん。

f0024419_2210188.jpg「ダ・ヴィンチ・コード」、読み終わりました。
おもしろくて、どんどこ読めましたさ。
でも、私の興味は やっぱりシラス役のベタニーに尽きます。
画像を見てみると本での模写以上に怖そうな雰囲気で、映画を見ながら心の中で きゃぴってみる余裕など皆無かもと思いつつ・・。残虐な犯罪をおかすことになった背景にあるもの全てがとても不憫なシラスくん。
なーんか胸がきゅんです。って、ベタニーが演じるから感情移入しすぎたかな。でも、この役のベタニーはヤバいくらい良さそう。映画館で泣いてしまうかも~。
どうか登場シーンが削られていませぬように・・・。

こないだ見たDVD「セルラー」、どうするん、どうするん~~?とドキドキしっぱなしでした。
見知らぬ男たちにバラバラに誘拐された家族。
監禁された室内で、粉々に壊された電話機をどうにか修復する奥様キム・ベイシンガー。
やっと繋がった相手はGFに愛想をつかされたお気楽青年のケータイだった。
なんと頼りなさすぎる唯一の頼みの綱!
誘拐なんて悪い冗談でしょ~と最初は信じなかった彼だったが、受話器の向こうの緊迫した
やり取りを聞いて、えらいこっちゃ!どうするオレっ?!・・・と展開するお話です。
何も考えずに楽しめました♪

今週のベタニー祭はお休みです(シクシク。)
DISCASさんの都合で「真夜中の弥次さん喜多さん」が届くようです。
まぁ、これも見たかったんだけど(笑)
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-21 22:14 |

Dungen、春にして君を想う。

f0024419_1262163.jpg久しぶりに ららぽーと甲子園のHMVへ。
ちょっと新譜CDチェックを怠っているうちに、いろいろ出ておりました。いくつか試聴した中で、私の心臓の鼓動を速めたバンドがっ。スウェーデンからの新人Dungen(ドゥンエン)のアルバム“ta det lugnt”(タ・レ・ルンツ=「気楽に」)。第一印象は「うわ、おもしろ~!」。母国語で歌ってるせいもあると思うけど、垢抜けてないサイケなムードにワクワクがこみ上げてきて、最初の数曲だけ聴いて即買い。でも、ふとCD紹介のコメントを見ると「変態ポップ」とあった。なんなの、変態って~!と思いつつ、家でゆっくり聴いてみたら ぶはは!なるほど変だった(笑) ジャケットかわいいのになぁ。でも、なんとなく土の中から葉っぱが芽を出してくるような力強い春!みたいなのが感じられて、私は結構好きだったり。ボーカルが甘酸っぱい感じの声なのがポイント高っ。特に1曲目の「パンダ」が好き(*^^*) UKじゃ注目されてるようなので どこまで芽を出すのか楽しみでございます。ああ、やっぱりスウェーデンはおもしろい♪
あともう一枚、バーミンガム出身のEditors。ボーカルの声は好みじゃないがキレのあるギターがかっこいい~。シャープでクールな中に実は熱いものを秘めてそうな音にくすぐられて。ほんとは隣に並んでたSOFTを買おうかなと思ってたけど、昨日はこっちの気分だったので・・・
旦那はメタリカのCDを買うというので、いよいよか・・と観念していたら、古いのしかないから今度
中古で探すわ、とXデーが延びましたとさ(汗。)

帰りに棟続きのイトーヨーカドーへ 夕飯の材料を買いに行こうとしたら、妖怪博物館(?)とかいうのが出来てた。鬼太郎コスプレの人がいたり、手を床に落として拾ってる妖怪がお客さんにアピールしてて、そんなに不気味さはないのね~と思わず ぷぷっ。
f0024419_1264067.jpg
今まで食っちゃ寝ばかりして移動距離が極端に少なかったポーちんが、春だからか?この頃すごく活動的に動き回り、ちょっかいを出してきたちろる嬢を追いかけて、ピンクの鼻をふくらませて猫パンチをくらわしてなさいます。ま、元気なのは良いことだ。どんちゃんは体重が少し減ってて心配・・・缶詰はわしわし食べててやんちゃに走り回ってるから大丈夫だとは思うけど。。
今朝 草を食べて今にも吐こうとしていたちろる嬢、なのに外から「おはようございますぅ~~~」の声が聞こえてくると「ん?」と止まってしまった。いつも毛玉を吐こうとするものの最後の押しが足りないのか吐けないお嬢さん。今日も残念でござったね。
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-20 12:19 | 音楽