カテゴリ:映画( 77 )

キュン死にセンサー。

昨日は 「ボーン・アルティメイタム」 を観てきまして。
おもしろすぎて まばたき出来んかったよ~(笑)
個人的には、今年映画館で観た中で一番楽しめたかも。
て、他に良かったのは 「ブラッド・ダイヤモンド」
ぐらいでしたけどね。

旦那が楽しみにしてたので、私は直前にテレビで
放送された前作2つ 「アイデンティティー」 と
「スプレマシー」 をとりあえず見ておきました
という感じで、別にボーン・シリーズのファンでも
なけりゃ、マット・デイモンも苦手ときた(汗。)

なんか色気なさすぎな演技がつまらんというか
(お好きな方ごめんなさい) それも彼の持ち味なの
でしょうけど。
皆さんそれぞれ 「キュン死にセンサー」 て
お持ちだと思うのですけど (え、そんなもん無い?)
私は “ふと見せる弱気な表情” にロックオ~ン!(笑)
しかし、今作のボーンもそういう場面があったのに
うぅ~ 針は振り切らずションボリ。
f0024419_1035716.jpg
ちょっと欽ちゃん走り入ってる?(こらこら)

まぁそんなセンサーは別にして
来日時に 「絶対おもしろいから!」 と力んでた
マット・デイモン。 奴はなかなか信頼できるのかも?!

まったりと日曜の朝を迎えておられる方が
多いであろうに、妙なテンションにて御免。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-11 10:41 | 映画

禁断の恋に落ちたら?

「ブロークバック・マウンテン」
これって同性愛がテーマでもプラトニックな
映画だと勝手に思い込んでたので
絡みが出てきて さぁ大変、目がテンに(・・;)
しかも、男っぽい二人バージョンなんて
今まで見たこともなかったし。
f0024419_17195383.jpg
以下、お話の展開ネタバレを含んでいますので
あしからず。

内容は非常にせつない悲恋で泣いてしまいましたが
イニスの奥さんが、旦那と旧友ジャックがキスする
のを目撃する場面があって、それがあまりにも
ショッキングで思考停止してしまいましてよ。

もしも自分の恋人や旦那だったらよ?と思うと。
凍りつくやろなぁ。 最後の展開に近づくまで
ずぅっと念仏のように 「奥さん@気の毒すぎる~」 と
唱えてしまったんですけど、異性と同性どちらと
浮気される方がショックだろうとか、映画の本筋より
そんないらんことが頭の中をぐーるぐる。
ちなみに私は、男と浮気される方がショックやけど
まだ許せるかも??

イニスは子供の頃に、同性愛者の男性がリンチを
受けて殺されてしまう場面に遭遇したトラウマが
あって、男を愛すなぞ絶対にしてはならん!と
頭では理解しつつも、ジャックに想いを寄せ
ひとり深い闇に苦しむんですね。

もしももしも、彼が奥さんに誰にも言えない気持ちを
正直に話したら、理解してくれることはなかったんかな。
もう夫婦という関係ではいられなくなっても
人として家族として力になってくれることはなかったん
かな、なんて想像するのは甘いかな。
今の時代だからそんな発想がでてくるのかもだけど。

脱線だらけの感想になってしまいましたが
なかなか深いものがあって、個人的には見て良かったかと。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-26 17:27 | 映画

世界共通、ハニーとダーリン。

いろいろネタはあるものの、微熱そのほかで
沈殿気味で。 今朝はイヤな夢みたし。
海沿いの巨大施設の中を歩いてたら
放射能の霧が降ってきて、吸い込まないように
一生懸命息を止めてたという。← 意味ないやろ(笑)

ちょっと楽しげなDVDでも見ようかしらと
「ハニー vs ダーリン 2年目の駆け引き」
っつうロマンチックコメディをレンタル。
良いか悪いかというより、かなり共感できて
楽しめましてよ。
f0024419_163746.jpg
同棲2年目の二人のお話なんですけども
来客後、洗い物とか片付けを自主的に手伝って
欲しいと思う女側と、相手したりして疲れてんから
好きなことして休ませてくれよという男側。
これをきっかけに、お互い今まで積もりに
積もった不満がドッカーン!
どこのお家でも似たようなことがあるかと?(笑)

これを見てて、むかし読んだ
男と女はそもそも脳が違うんだという本
「話を聞かない男、地図が読めない女」を
思い出しつつ。
言葉にしなくても思いやりの気持ちを見せて
欲しいと望む女と、言ってくれないと
そこまで心が読めないという男。
なんでわからんか?!なんて、つい思ってしまうん
ですけども、映画を通して見ると両方の思いを
冷静に判断できたりしてね。
意地を張りまくって収拾つかないとか。

まぁ映画だからデフォルメしてあるのだろうけど
個人的には、ブルックは同性から見て
ちょっとやり過ぎやろ、私にはそこまで出来ひんと
思ったり、ゲイリーに対しては 「うわ、最低~」
スリッパで頭はたいてやりたいかも!と
ブルックに同意する部分がある反面、なにげに
可哀相になってキュン ・・ としたり。

でも、ゲイリー@ヴィンス・ヴォーンよ
ロマコメやるにはメタボすぎでしょう。
どかーんとソファに横たわってると
浜に打ち上げられたシャチかトドみたいで
「もう、かさだかっ」 と、つぶやかずには
いられない感が(汗。)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-17 16:45 | 映画

キングダムと桃色タラちゃん。

taratta (ipod) の手作りカバーは
操作しづらかったので市販のケースを買ったの
ですけど、ピンクにしたらおもちゃみたいに
なってしまった(涙。) しかもこのケース
傷からは守れるけど、結構重いのであった。
f0024419_11172219.jpg
昨日は久々に映画へ。
旦那が観たいと言うので 「キングダム
見えざる敵」をば。
個人的には、虚しさと恐怖しか残らんかった ・・・
サウジアラビアにある米国人居住区でテロが
起こり、FBIが地元の警察と連携して犯人を
あげるというお話。
f0024419_11174533.jpg
現実に起こったテロのニュースで見聞きした
ような情報が、スクリーン上に映像として
浮かび上がり目の前に突きつけられたようで
動揺してしまった反面、単に “映画” として
作られたペラっとした嘘っぽさみたいなのが
鼻についたりして複雑に気分に。
わざわざ映画にするほどのメッセージなんか
無かったやん、というのが私の感じたこと
でした(汗。)
主演のジェイミー・フォックスも役にハマって
なかったし、まだデンゼル・ワシントンの方が
マシやったんでは?

て、こないだジェイミーが 「めざまし」 に出て
おちゃめに “YMCA” 歌って頑張ってアピール
してたのに、切り捨てた私@鬼かな(笑)
でも人それぞれ思うところがある映画でしょう
から、気が向いたらレンタルででも、ね!
(フォローになってないぞ)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-10-14 11:26 | 映画

デビルとビヨルン、早口で3回どうぞ (え?)

昨夜のDVDは 「プラダを着た悪魔」 をば。
別に目新しい映画でもあるまい、と思いながら
他にレンタルするものがなかったので借りてみたら
なかなか楽しめましてよ(笑)
f0024419_19214232.jpg
↑このピンヒール、たまらん美しい(*^^*)
オサレな世界だし、アン・ハサウェイは可愛いしで
見てるだけで華やかな気分に。
f0024419_19215838.jpg
鬼のような編集長って、最初パっと見 グレン・クローズと
勘違いしてしまったんですけども
優しいイメージのメリル・ストリープが演じるなんて
意外でびっくり。 しかし、さすが女優さんですね。
赤じゃなくて緑とかの血が流れてそうな冷酷ぶりに
ちんまりしたりなんかして。

久々に MANDO DIAO のサイトをチェックしたら
ビヨルンがソロ・ライブやるとか。 ついに独り立ち??!
て、そんなことはないだろうけど、ソロでもアルバム
出して欲しいなぁ。 最近、お熱が冷めてきたので
中身によっては辛口になるかもしれんけど、まぁ
聴かせてみたまえよ♪ (何様?)
f0024419_19221467.jpg
なんてエラソーに言ってても、ホットな歌声に
またあっさり落ちるかもしれんのぅ。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-09-21 19:33 | 映画

cool beauty!

どわ~、久々にうっとり!リュック・ベッソン監督の
「Angel-A」 (アンジェラ)。

旦那はつまらんかったと言ってたので
見る気が失せてたんですけども、なにがなにが!
素敵でツボってしまいましてよ。
↓あ~、誰かに似てる!と思った人は手を挙げて(笑)
f0024419_1029841.jpg
今まさに川に飛び込んで死のうとしていた
気持ちは優しいが馬鹿な男アンドレと
突然彼の前に現れた美女アンジェラが
モノクロのパリを舞台に綴るお話なんですけども
とてもシンプルで、映像にも心震えたりなんかして。
f0024419_10292625.jpg
アンドレ役の俳優さんは少年隊の植草克秀と
ジョージ・マイケルを足したような風貌が
なにげに笑えましたけども、アンジェラは180cm近く
ある大女とはいえ、スレンダーでめちゃくちゃ
かっこよくて。 デンマーク出身だそうで
やっぱりすごいよ 北欧産!
f0024419_1029426.jpg
ネタバレになるから書かない方がいいんだろうけど
どこがツボったって ・・ ( 書いちゃいますよ~ )
アンジェラが天使だという設定に、バキューン。
煙草スパスパしたりして、そんなもん天使なのか
堕天使なのかはどうでも良くてですね、こういうのが
ほんとにあったら素敵だなぁ、ってラスト号泣の
私でございました。

夏の疲れと共に気分@沈みがちだったんですが
じんわりチャージできたような。
クールつながりってことで 「アイスバトン」をば
( 強引やな )。

★続きはこちらで★
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-08-31 10:37 | 映画

いちばん大事なもの?

“スカートの下に なにがあるかより
もっと大事なこと” がキャッチフレーズの
映画 「トランスアメリカ」。
久々に良かった~と思えたDVDでしてよ。

性同一性障害に悩み、今まさに女になるべく
手術の許可が下りる寸前、息子の存在が明らかに。
父親であることを伏せたまま、というか
ほとんど女になってる状態なもんだから
告白できる筈もなく、教会から来たと嘘をついて
留置所にいた息子に手を差し伸べるブリー。
f0024419_144219.jpg
彼というか彼女は、自分に息子が存在してたこと
だけでもクラクラなのに、母親を亡くした息子トビーに
17歳にして体を売って生計を立て、夢はAV男優に
なること!なんて、ケロっと衝撃的なことを言われ
どひゃ。

こんなロクでもない生活からは足を洗わせねば!と
継父に引き渡すつもりでトビーを連れ大陸横断の旅を
始めるんですけども、なかなかすごい展開に ・・・

中途半端な人間であることを嫌悪し苦悩するブリーと
生活は荒んでても素直な優しい気持ちを持つトビー。
不安定な二人が、ぎこちなくも心を通わす場面場面とか
涙と笑いが混在するサジ加減の難しい、しかも
デリケートな題材の映画なのに、嫌味にも卑屈にも
なっていなくて\BRAVO!/な作品でございました。
f0024419_1442641.jpg
ブリー役は てっきり男やと思ってたら、フェリシティ・
ハフマンという女優さんが演じられててびっくり!
ゲイのおっさん役て、めちゃくちゃ難しいやろうに。
f0024419_1444614.jpg
トビー役のケヴィン・ゼガーズは、かっこよくて
プチ鼻血ぶーだったのに、最近の画像を見たら
奈落の底に突き落とされましたね(涙。)
教訓@やみくもに追うべからず。

見終わってジーンと感動して、性別なんて大したこと
じゃないわ、なんて軽く思ってしまったんですけども
もしも自分の親が性転換したら、やっぱりショック
受けるかなぁ? ・・ て、受けるわなぁ。
でも性別よりも、誠実な人やったらどっちでもいいかな
たぶん私は。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-08-22 14:43 | 映画

コメディ!

妙な思い込みから出た、変な読み間違いってありますよね。
昨日、母に、検査時のおける注意事項の紙を読み上げて
いる時に 「排尿」 を 「放尿」 と読んでしまい、なにげに
固まる母に、さらに 「放尿」 と連呼したところで気付き
ツボってしまいました。 うーん ・・ 放つな、危険!
あと 「珠玉の名作」 を 「埼玉の名作」 と間違って
どっから埼玉が出てくるんやろ? と しばらく考え込んで
しまったり。

なんかコメディ見たいなーと思い、とっても
馬鹿馬鹿しそうな 「ドッヂボール」 を見ましたん。
赤字経営のスポーツジムの存続を賭けて、ドッヂボール
大会に出るお話で、笑いも感動?も全て中途半端
だったけど、それなりに楽しめたかと。
f0024419_1165524.jpg
主演のベン・スティラーは激しく苦手やけど
これはほんまにキモキャラ!トレーニング命の。
それでも、ドーナツを前にして 食べたいけど食べたら
あかん、と自分と葛藤するシーンはすごく理解できたり
なんかして(笑)
f0024419_117182.jpg
個人的に、他のキャストは結構興味深い人たちが出てて
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の義眼船員が
海賊コスプレで出てたり、
( ←どひゃ、全くの別人でした )
「ダイ・ハード4.0」 のオタク兄ちゃんがヘタレ役を
しておりましたが すごく上手かったり。
f0024419_1174217.jpg
赤字ジムを経営してるラ・フルール役の
ヴィンス・ヴォーンて髪型変やけど、ちょっと好き
かも~(写真左端)な発見も♪
えらい長身やなぁと思ったら196cmですと。
ベタニーの191cmっつうのもすごいけど
なに食べたらここまで育つんか?
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-08-04 11:20 | 映画

ポッドキャストとディパーテッド。

とうとう英会話ラジオ講座をやめてしまいまして。
結局1年と少ししか続かず。
しゃべってる人の声が好きとか、スキット内容が
すごく面白い!というのであれば、続けても
いいかなと思うんですけども、別に食い下がる
要素が無く、つまらんなぁ~と思いながら
続けててもね。

ってことで、代わりにポッドキャスティングで
おべんきょしようといろいろ物色中です。
今までは、いちいちテープに録音しなくちゃ
いけなかったり、テキスト買ったりしてたけど
これだと無料、効率的、そして!なにより
番組がいろいろあって面白そうだし。
飽き性の私には良いかなと。

香港映画 「インファナル・アフェア」 の
ハリウッドリメイク版 「ディパーテッド」 を
見ましたん。 所詮リメイクだし、ハリウッドだし
オリジナル版にはかなわないのでは?なんて
思ってたけど、さすがスコセッシ監督なのでしょうか
個人的にはこっちの方が楽しめましてよ(笑)
f0024419_18541227.jpg
アイリッシュ・マフィアが警察に送り込んだスパイと
警察からマフィア上層部に潜入したスパイが
緊迫の駆け引きを繰り広げるお話。

キャストが濃すぎたのが ちときつかったのと
好きな俳優さんが出てなかったのが残念だったけど。
ディカプリオは 「ブラッド・ダイアモンド」 でも思った
けど、やっと作品に恵まれてきたなぁという感じがして
これも苦悩する姿がすごく良かった。 丸顔なのが
嫌だけど、彫刻刀で彫ったような眉間のシワが生きて
おりましたなぁ。
f0024419_1942150.jpg
あと、ジャック・ニコルソンが不気味すぎて、怖さを
通り越して、ちょこっと爆笑してしまったりも。
豹柄て、この人なら捕まえて食ってしまいそうな
気がしたりして ・・・ (汗。) こわいよー。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-07-19 19:13 | 映画

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

映画の座席予約をしてしまってたので、昨日は
お昼前から神戸へ。 帰り道、台風で車が横転!
なんかしたらどうしようとドキドキでしたけども
全然大丈夫でしてよ。
ちょうど家に着いて鍵開けてたら、どわ~っと
雨風が激しくなりだしたので良いタイミングで
帰って来れたかと。
夜中に近畿接近とか言ってたけど、一度も目が
覚めなかったから、こっちは大したことなかった
のかな?今は風は強いけど晴れております。

で、映画は 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。
ハリポタ5作目にして、初めて劇場鑑賞をば。
て、今回のもレンタルでいいやと思ってたのに
今までのシリーズをどれもラストまで眠らずに
観たことがない旦那から思いがけず観に行こうと
言われ、そんなに言うなら、と行ってあげた
次第です(何様や)。

今回のダークな場面は別に怖くなかったけど
個人的には1作目の 「賢者の石」 に次いで
おもしろくなかった。 あんまりブログで伝えたい
ことも湧きあがってこないので、食いついた点だけ
ささっと(汗。)

まず、ハリーはもう学生に見えんかった(笑)
彼はティーン時代をすっ飛ばして、子供 → おっさんに
なってしまったかのようだったのがせつなかったけど
( ファンの方ごめんなさい ) 彼に反比例してたのが
ロンくん♪ 頼もしくなってキュートでしたなぁ。
彼の一家って、猫までもが赤毛だったのね!と
今回初めて気付きました。 素敵な赤毛一族やなぁ。
f0024419_1116711.jpg
騎士団メンバーの中に、私の視力が確かならば
恐ろしく美形の新顔の男の子が一人混じってて
( さびれた店で真ん中に座ってた長毛の子 )
ああ、カメラさん もっとズームイン!と心の中で
叫びつつも願い届かず。

スナイプ先生の悲しい学生時代にちょこっと仰天したり
シリウス・ブラックが魔法の棒持って戦う姿が
オーケストラの指揮者のようでちょっと笑えたとか
f0024419_11163588.jpg
↑アンブリッジ先生のオフィスの壁にかかってる絵皿の中に
それぞれ猫が住んでて、ずっとミィミィ鳴いてるのが
めちゃくちゃ可愛かったのもツボったし。 これは
猫好きには悶絶まちがいなし。

しかーし、原作では前作に引き続き登場しているらしい
なにげにパンキッシュなバスの車掌スタン
( リー・イングルビー ) が出てなかったのには
激しく愕然。 なんでやね~ん (涙。)

終了後、旦那は自信なげに 「おもしろかった?」 と
聞くので、つまらんかった!と返したら、自分が面白く
感じなかったのは、この手のジャンル自体が
もしかして苦手なのか?と思ったそうで
私の即答で安堵したようでしたん(笑)
お話もややこしかったし、個人的には消化不良だったかと。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-07-15 11:30 | 映画