2007年 06月 04日 ( 1 )

ざぶざぶ洗いと枯れた爺。

ジーンズ@洗う or 洗わない?で
友達と話してたら (私は絶対洗う派です)
彼女はケロっと 「洗わ~ん」 と。
え゜!だって汗かくやん! 気持ち悪いやん!
と反論すると 「だって傷むやん!」 て。
ヴィンテージものなら、そりゃ私も気にすると
思うけど、普通のジーンズでもそういうポリシー
なんだとか。 うちの旦那も洗いたくない派
なんですけども、時々思いっきり“ざぶざぶ洗い”
してやります。 でも本人はそれほど気にして
いないのでしょう、洗濯後ちょこっと縮んだ
ジーンズに いつも 「なんか キツなったなー・・」
と洗われたのを気付いていない模様(笑)
「あ、太ったんちゃうん?」 と返して
ハイおしまい、でございます♪

学生の頃 シェイクスピアもの戯曲にちょこっとだけ
ハマったことがあって、こないだ久々に映画の方で
楽しみました、DVD 「ヴェニスの商人」。
f0024419_1392819.jpg
(写真右) 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
義眼船員を召使役で見っけ。

親友のため、高利貸しに自分の肉1ポンドを担保に
借金をしたことから、さぁ大変!な お話です。
て、すんなり書いてしまうと 「ふーん」 だけど
キリスト教徒に虐げられてきたユダヤ教徒の
積もりに積もった恨み節を放つアル・パチーノが
怪演しててなかなか面白かったです。
最初は眠かったものの、ドンデン返しの過程や
登場人物の言葉の駆け引きに引き寄せられて。
シェイクスピアは喜劇として描いたそうですけども
見終わった後に残った大きなせつなさは
どこにぶつけていいんだか?

若い頃ステキだった俳優さんとおやぢになってから
かっこいいと思えるようになった俳優さん。

★以下続き★
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-06-04 13:22 | 映画