MANDO DIAO@LIVE in 心斎橋クアトロ。

今回もミーハー全開レポになっております。
ドン引き覚悟で書きましたが、私の品格 (そんなもん
あるんか) が問われるかもしれん危機的部分も含んで
おりますので?興味を持っていただけた方は
怖いもん見たさで、以下お進みいただけると幸いで
ございます (^^;)




1年半ぶりのマンドゥのライブ、満員御礼でした。
楽しかった~!けど、体がかなりきつかった(汗。)
中央寄りのビヨルン前をがっつり位置取りできて
幸か不幸か、めちゃくちゃ押されて体半分
最前列に。 ペッタンコになるぐらい おしくら饅頭で
なんか内臓が縮んだ気が。。

前座のスウェーデン産バンドの KAMERA の時は
平和にさっくり楽しめましてよ。
ドラマーが男前でねぇ (写真だと別人のようだけど)。
The Academy Is... のブッチャーと若旦那 ( We Are
Scientists のボーカル ) を足したような感じで
ツボりましたなぁ(嬉)
でも笑えたのは、ボーカルがものすごい殺し目ビームを
出してて、相手があまりにも照れてうつむいてもなお
見つめ続けながら歌うという、ひとつ間違えたら
嫌われるよの紙一重パフォーマンス。
前をちょろちょろクネクネしながら歌い踊るボーカルくんに
ドラマーが見えんではないか!と軽くイラっとしました
けどね、ラストはデュラン・デュラン風のお歌で
〆てはりました。 まあまあでしたかね。

んで、いよいよ MANDO 登場。
"One Blood" から始まって "White Wall" ・・ もうその次
からは興奮しすぎて頭まっしろ。 "To China With Love" も
すばらしくホットでしたが、感激のあまり涙目だったのは
"Chet Baker"!ビヨルンがボーカルを取る時はグスタフと
場所を入れ替わってたので、首を伸ばして見なくちゃいけな
かったんですけども、この時だけは自分の立ち位置で歌って
くれたので、もうもう目のまん前で私のためだけに歌って
くれてるかのような勝手な錯角に陥りまくって、鼻血ぶー
どころか脳みそが鼻から出てきそうに (ホラーかよ)。
"Chet Baker" on YouTube (← 客よ、静かに聴くのだっ)

今回は曲を楽しむというよりも、ひたすらビヨルンを堪能。
ステージが近くて汗もツバも飛びまくり (ぎゃ~) やったけど
むしろ幸せを感じつつ。 私の中のMなのか?(爆)
グスタフに負けんぐらい小尻になってたり(笑) なにげに
前より薄毛じゃねぇか?!でもそろそろ散髪しないと~
もみあげ増殖しすぎ、などと余計なお世話チェックもしつつ。

他のメンバーは、CJは小さくてあまり見えなかったけど
3回ぐらいこっちにも来てくれて、でも前回の方が顔
かわいかったなぁ。 ちょっとお疲れ?
マッツは山ごもりしてたかの如く髭ぼーぼーになってらして
せっかくの男前が非常にもったいなかったし
サミュエルは相変わらず激しく一点を見つめながら
口開けたまま太鼓を叩いておられる姿がコワ面白かった(こらこら)
グスタフはお子様を抱っこしているせいか、二の腕より下の
腕がものすごく筋肉ついてたり、パパになって視線とか
丸くなったねぇという感じが。 ステージ上では黒靴下で
ちょこちょこ動き回ってて、前回は靴下に穴が開いてたとか
2日間同じ靴下やった(震)とか聞きましたけど、昨日は
穴開きナシでしたな。 あとグスタフが口に水を含んで
ぷあーっと霧を噴いたんですけど、霧やなくて粒が私の
左目にっ。。 自分で目薬さすよりうまいこと命中したのは
どういうことだ?

昨日書いたビヨルンがぎゅ~ぅって、というのは
握手やったんですけど (それ以上の想像をしていただいた方
肩透かしでごめんなさい)、私にとってはものすごいこと
だったんですよ。 今まで一途に (嘘つけ!) 憧れてきて
遠い遠い人やったのに、リアルに体温を感じることができた
というのは。 アンコールも終わってステージから降りてきた
ので、手を出したらぎゅうっと握って下さいまして
(思わず 「ぎゃー」 て言うた気がする) それでもまだ
「ビヨルン」 と呼びながら手を出してたら、うんうんと頷き
つつ、またまたぎゅうっと。 パパパとタッチとかじゃなくて
温かい大きな手でぎゅう~ですから(失神)
狂喜してたら、旦那が自分はグスタフの肩もトントンしたとか
負けず嫌い+意外にミーハーな一面があるのだなぁという
新発見も。

帰ってきてから手を洗えずにいると、ちろる嬢が私の左手を
激しくふんふん。 手を鼻先から放すとくっついてきて
しまいには両手で抱え込んで匂う始末(笑)
そりゃ知らん匂いだわなぁ。

なんか痛いと思ったら肩から腕のところが打撲?打ち身??
赤くなってて青じみそう。 でも、ちょこっとマイミクさんと
念願の対面も果たせたし、ほんとに夢のような一夜で
ございました。 しかしクアトロの床って、絶対いつか抜けるわ。
みんなが跳ぶ振動でベコベコ揺れまくってて怖かった。

超長駄文にお付き合いくださいまして、ありがとございました!
Love you guys, mando diao !
[PR]

by chiko_patanyan | 2008-04-15 12:17 | 音楽