抵抗するヘタレなプライド。

ああ~、肩の荷おりた!(倒)
毎年恒例のお義父さんとこでのお食事会が
昨夜無事に和やかに終わり、激しく安堵。

11月は義父母と私の誕生月で、私たちの
結婚記念日も兼ねて一緒にお祝いして
くださるんですけども、内心なんとも気が
重く。。 て、もしかして 微熱の一因か?

以前はお義父さんに勧められるままに
お付き合いせねば、とガンガン飲んでたのに
今年のお正月からセーブして飲まなくなった
もんだから 「あんまり飲まんようになった
なぁ?」 と不思議がる親父さまに
「最近あんまり飲めなくなって~」 などと
大嘘つく嫁あり(゜∀゜)

というのも、退職後お義父さんがライフワークに
しているお能についてのレクチャーをこういう席で
してくれるんですよ。 でもこっちは興味ないし
小難しいし、お酒も入ってるし、で ほとんど記憶に
残ってない訳で。 んで、散々説明したのに
後で 「何も覚えとらんではないかっ!」 と
なぜか旦那にではなく私に向かってガンガラガンの
一喝を落とされたことがあって。
ななな、なんで私だけやねーん!て、頭の中で
こっそり ちゃぶ台ひっくり返しつつも
ちんまりして謝って。

そんな経緯で、嫁たるもの 一緒になって
酔っ払ってはいかんのだと悟り、勧められても
「もう飲めないですっ!」。 しかしそれでも
しつこく言われ続けると軽く殺意を覚えたり
なんかして(笑)

母から 「たとえ自分の息子に落ち度があっても
嫁が悪いからアホやから あんなことになるんや
なんて思ってしまうもんなんやて~」 と言われ
別にアホやも~んと思う反面、ほんまにそんな
レッテル貼られたらたまらんな、と
ヘタレなプライドが頭をもたげるのでありました。

まぁ、なにはともあれ 終わった終わった~♪
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-18 10:35 | 雑記