さぁ、想像してみましょう。

MANDO DIAO の新譜国内盤の発売日
なので、いそいそと買いに行き♪
もう輸入盤持ってるのに、愛だねぇ~。
なんだかんだ言いつつ聴きこんだら
うっかり気に入ってしまったりなんか
しましたけども、楽しみにしてた日本盤
ボーナストラックも妖しげな効果音入ってる
曲があったりして、どんなもんかと(汗。)

電車の中で、小林聡美さんのエッセイ
「凛々乙女」 を読んでたら、これが面白くて
笑いを堪えるのが大変で。

ストレス解消に、お仲間と“男の裸踊り”
いわゆるスト○ップてやつでしょうかね?を
見に行かれた時のお話がもうすごくて。

外国人ダンサーたちがいろんな衣装を着て
出てきては最後は自分で引き裂いて
パンツ一丁になるんだそうな。
で、お客さんはパンツにチップを挟んであげる
のだそうで、それはアイドルのライブのような
盛り上がりっぷりだと。

え゜ー、目の前をパンツ姿で踊られたら
嬉しいどころか引きまくりやん、なんて
思いながら読んでると、次の瞬間
衝撃的な一文が。
 「腰ミノをつけたダンサー」
腰ミノ!? これがもう激しくツボってしまって
爆発しそうな笑いを押し戻すのにどれだけ
汗かいたか。
だって想像してみ、憧れの素敵な人が腰ミノ
つけて出てきた姿を。 ときめくより どよめくよ~。
もう笑い死にしそう。 違う意味で秒殺ですか?
いや~、この衣装のチョイスはすごいわ。

というのは、未体験の自分とは縁のない世界の
お話ですけども ・・・ 今、あなたの、そして私の
お財布に入ってるお札はパンツに挟まれたものが
回り回ってきたものかもしれませんね(倒)ぎゃー。
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-11-07 15:39 | 雑記