それは強引すぎるかと。

昨日の夕方、ちょっと笑えましてよ。
県議会議員選挙に向けて、立候補者さんたちが
あちこち飛びまわってらっさって
旦那と道を歩いてたら、斜め前方に大名行列の
ごとく公○党陣営アリ。

歩いてる人少ないし、なんかイヤな予感するなぁ~と
思ったその時、列から元気よく ドヒャ~っと
候補者1名+お姉さん2名 が飛び出して一目散に
こっち向いてダッシュしてくるではありませんか。

もしかしてターゲットは私たち?なのか!?と
固まった瞬間、候補者のおじさまは 満面の笑顔で
旦那と握手しようと 包み込むように両手を出してきて。
やーん、怖いて~。 あまりの意気込みに、私は
反射的に小走って逃げてしまったんですけども
旦那@餌食。

ムキになって握手を拒否する旦那 vs それでも必死に
握手しようとするおじさま。 ちょっとしたコントのようで
ございました。 あとで握られてしまったのかどうか聞くと
「手を隠したった(鼻息ぶーん<3)」 と言うので、上着の
袖の中にでも すっこめたのかと思ったら、自分の
背中に手を回して拒否したと (子供か!)
なにもそこまで拒まなくてもねぇ。

握手するべく差し出して拒まれた手の行き場に困った
であろう おじさま候補者さん、いくら同性でもさ
あんまり強引に手を握ろうとするのはいかがなもの
かと思いますよ(汗。)
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-04-01 15:18 | 雑記