やっぱり "no music, no life!"

実は先週、今まで私には副作用の辛さをほとんど
口にしなかった母がぽろぽろと言うようになりまして。
私に言うってことは、かなりの痛みがあるらしく ・・
以前は何事にも強気だった母が、ちょっとした体調の
変化に転移では? と神経質になって、わずかに変化した
検査数値も、先生が心配いりませんから と言っても
「ほんまにそうなんやろか」 と常に気にしていたり。

体が悲鳴をあげてるのに 数字ばかりを気にしすぎてる
ような気がして、抗癌剤で癌細胞をやっつける筈が
大事な体自体を壊してるように思うし、やめるのも
ひとつなんじゃないかな、と思ったり。
やめても不安は残るけどさ。。

東洋医学の先生の中には、高い免疫力さえあれば
癌にはならんし治すこともできるとおっさる方もいますが
母は10年前からの血検を見ても元々免疫の高い人だった
にもかかわらず癌になったので、東洋医学系の考え方も
「?」、西洋医学の化学療法も「?」となれば
何を信じていいんだか。

と、それでまた悶々とした日々を送ってたりなんかするの
ですけど、お友達がかしてくれた Mystery Jets のDVDが
楽しくて、いたく感激した奴です。
いっぱい元気をもらいましてよ~~。

普段わかりやすいロケンローばっかり聴いてるもんだから
彼らの凝った音の盛り合わせアルバムは通しで聴くと
ちょこっと疲労を感じたりしたのですけど、昨日でいっぺんに
吹っ飛んだ~。

20歳そこそこのメンバーの中にボーカルのお父さんが
いてて、自分の親とバンド一緒にやるなんてすご~!なんて
最初はびっくりしたものの、これがクールでキュートな親父。
みんなから慕われ 年の差は完全に超越してるし。
バンドの雰囲気がアットホームで素晴らしくイイ!(゜∀゜)
f0024419_11342112.jpg
ハリソン親子。 父、猫サマがブチギレそうな顔してるんですけど。
やっぱり音楽って良いもんだのぅ~、としみじみほのぼの
させてくれたMJでした。 * Thank you *
[PR]

by chiko_patanyan | 2007-03-04 11:44 | 雑記