天国からのメッセージ?

ほんとに毎日毎日ものすげー暑いですね。
外で じーっとしてると、陽射しがジリジリしてきて
呼吸するのもしんどいぐらい。

今年のサマソニは不完全燃焼のまま終わってしまったので
脱力感も幾分よどんでおります。救護室のお世話になることもなく
最後まで元気で楽しめただけ良しとしなくちゃなのだけど、
なんだかこのままだとバテバテ沼に沈んでしまいそうな(ブル~)。f0024419_13322017.jpg

おまけに12日(土)の夜
すごく気になる夢を見てしまって。
久しぶりにミュウちんが出てきて
くれたんですが ・・

ふと見るとダイニングで粗相中
だったので、あらら!と思いながら
床を拭こうとしたら、後ろ足2本の
肉球がちぎれて残ってたんです。
腰抜かすほどびっくりして、すぐに
ミュウちんを診てくれてた先生に
電話したら奥様が出られて。

事情を説明すると 「大丈夫ですよ~、
そのままにしといても また生えてくる
から。よくあることですよ」 と。「に、肉球て
再生するんですかっ?!?!」

と聞き直しても、大丈夫大丈夫!と。
ありえね~・・・・と思ったところから後は覚えてないのですけど、
お盆だし 「帰ってきたよ」 のメッセージなのかもと思うものの、
後ろ足が無かったなんてどういうことなんだろうって。

サマソニで頭一杯だったから、ちょっとはクールダウンしろよ
と渇を入れてくれたのかもだけど、ミュウちんは成仏してるんかなぁ。
前は病気の時の事を思い出して辛くなると、よくお線香をあげてたけど
いつまでも思いを遺すのは良くないと思い、お線香の灰は取って
しまったのでした。

でも久々にお線香あげました。自分の気休めかもしれないけど
ミュウちんのことも、彼女より先に逝ってしまったまみっちさんのことも
忘れてないからね、と。
こういうのって深追いしてもわからないことだけど、なんだか気になる。
【写真 上:ポーちんの顔をボールと勘違いしてるのか、トスしている
おちびさん時代のミュウちん。 下:すっかり一人前】

以前 ビンゴさんのブログ で NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」という
番組について目からウロコの素敵なお話を紹介されていたので、先日の放送
“プロフェッショナルの逆境克服法”を録画して見てみました。

 *部下が付いて来なくなったベンチャー企業の女性経営者
 *教え子の男子全員を不合格にしてしまったと凹んだ英語講師
 *人づきあいが苦手で事務所をクビにされた弁護士
 *自分が患者を殺してしまったんじゃないかと悩む外科医
 *時代遅れだと誰からも相手にされなかった左官職人
 *脱サラ後ミュージシャンを目指すも芽が出ず
   辛い極貧時代を経てきたスガシカオ。

この人たちが、壁にぶつかった時どうやって打破してきたのか体験談を元に
脳科学者の茂木健一郎さんが脳と心の分析をしながら
番組を進めて行かれてて、ふつふつと力が湧いてくる内容でしたさ。
ああ、もいっかい見て元気出そ・・・
「プロフェッショナル 仕事の流儀」
 ↑これまでの番組内容もチェックできます。
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-08-16 13:46 |