夢の中へ、夢の中へ~

ソウルフルでホットな猫作家さんとして私がお慕いしている りささん が紹介されていたのだけど、一目見たら可愛さのあまり壊れてしまいそうになる猫版PVとでも申しましょうか、井上陽水さんの「夢の中へ」に合わせて、たくさんの猫さん画像が出てきます。何度も何度も見たくなるくらい可愛いので、疲れた心を瞬間解凍したい方へお裾分けをば。 コチラ へ~♪

今日乗ったタクシーの運転手さんは、かなり変り種なお方だった。
人を笑わせたいと思っておられるらしく、次から次へと個性的な口調で「ネタ」を披露なさるんだけど、これが恐ろしくつまらない。「年寄りばっかり増えたから、じゃんけんで負けた人を おば捨て山に連れて行こうか」とか(ブラックすぎ)延々とこの手の類のが続く。笑えね~・・と思いつつ、車内に不穏な空気を流したくなかったので無理して「ははは」と笑っているうちに駅に到着。
お金を払おうとしたら「あ、メーターたおすの忘れてた・・」と、おっちゃん。
「いっつもアホなことばっかり言うてるから、こんなことになるねんなぁ(寂)・・・ワンメーター分で
ええよ。この距離ならそのくらいやし。かまへん、かまへん~!」って。
このおっちゃんには多々こういうことがあるのだろかと思うと、気の毒というかなんというか。
この先おっちゃんがしっかりしますように(笑;)

また見てしまった、もどかしい夢・・・・。
MANDOが出演しているフェスに行き、ライブ後(しかし何故かライブは見ていない)のメンバーを
探してデジカメ片手に会場中を全力疾走。でも見つからず、ダメ元で近くにいた林真理子似の
めっちゃ怖そうなスタッフさんに声をかけると ぶっきらぼうに「エレベーターで2Fに行ったわよ」と。半信半疑で行ってみると、いたいた!グスタフとCJ発見。なにやらゲーム機で遊ぼうとしていて、話し掛けてみたらニコニコはしてくれるが私の英語が全く通じない。ちゃんと話してるつもりなのに なんてこと!と焦りながら、写真を撮らせてもらおうとしたら手に持ってた筈のデジカメがない!肝心のビヨルンもいない!とりあえず先にデジカメを探しに行こうとしたら、グスタフがゲーム機の使い方がわからないから教えてくれと私の手首を引っ張る。放してくれぃ!と じたばたしてたら目が覚めた(=_=) 陽水さんの「♪探し物はなんですか~?」じゃないけど、私の探しものはいったいどこに?
すごーくストレスフルやわ。どうかハッピー展開な続きが見られますように☆
[PR]

by chiko_patanyan | 2006-03-14 19:33 | 雑記